タグ:サンクトペテルブルグ の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

復刻 サンクトペテルブルク




先日、いつもブログ見てますよと知り合いに言われ、ありがとうと言いつつも一瞬どのブログ?と慌てる。その人との付き合いを思い出し、ああボードゲームのやつだと気がついた。他にもほにょほにょブログとかにょろにょろブログなどを管理しており、最近そちらのほうに力を入れていたので、どの?となってしまったわけです。


このボードゲームのブログは画像加工するために、ひとつの記事の更新にやたら時間がかかるので、最近じゃ、ゲームの内容の話はほとんどなくて、ボドゲ会のレポート専門になってしまってます。でも、心底楽しく、何にも考えずに書く事ができ、風呂に入りながら鼻歌状態で書いてるような、お気楽ブログででもあります。

まぁ趣味ブログなどというものは、どこでもそういうものなのだとは思いますが。

で、またしても例の表示、fc2恒例の1ヶ月〜がでてきたので、バシっと撃退しておくべく、たまにはレポでない普通のボドゲ記事でブログ更新を決意。

ネタは何にしようかと考えていたら、そういえば、と「サンクトペテルブルク」というゲームについて大変魅力的な情報があるのでそれを書いておこうと思う。

サンクトペテルブルク



長く遊んでいるボドゲの人、このブログの数少ない読者にはおなじみの「サンペテ」こと「サンクトペテルブルク」(Sankt Petersburg)というボードゲームがある。ロシアのSankt Petersburgを舞台にしたボード(カード)ゲームで、1703年の街の建設に携わるという萌える内容。基本4種類のカード(職人・建物・貴族、ボーナス)のカードで勝利点を競うシンプルで、するめ的ゲーム。

2004年には、ドイツ年間ゲーム大賞、インターナショナルゲームアワード大賞、フランスのトリックトラック賞、オーストリアゲーム賞など数々の賞を受賞し、輝かしき実績を残した、まさにクラシックゲームである。

spielepreise.jpg


僕はこのゲームに激ハマりして、かつて毎日ソロ練習したことがある。ドイツゲームというものに感動し、最初の頃に出会ったゲームで思い入れもひとしお。面白くて、面白くて毎日勝つ方法を考えていた。他の人のブログなどで、このゲームは目新しい要素がない、などという批判的な記事を読んだ時に分かってないな!と憤慨もしたが、まぁ経験をつんだ今思えば、まさにその通りではある。
でも、他のゲームにはないものもある、スピード感と、世界感(ロシア舞台のゲーム見たことない)と、ゲームのシビアなところが極めて素晴らしいゲームだ。

熟練者同士で遊ぶとワンミスで負けてしまう緊迫感。プレイ中に1回はかならずやってくる、ここぞというときの大博打がたまらなかった。それでいて、インスト(ルール説明)含めて30分程度で終わる。ゲームの長さも、他プレイヤーとの絡みや戦略によってわざと速く終わらせたり、わざと遅くしたりできるようになっている。絵は、かなりもっさいが、中身は最新鋭のスーパーカーみたいなものだった。

もう一つの批判、あるカードのせいでゲームバランスが悪くなる部分も拡張の発売によって修正され、完成したゲームだった。

当時、あの世で遊ぶから、僕が死んだら棺桶にいれてくれと妻に遺言しておいたほどだ。
付け加えて、もし妻が先に死んだら、嫌だと言っても一緒に棺桶に入れてあげようと思う。これ持って待っててと。

さて、よくわからない話になりそうなので、過去の記事を紹介しておこう。
リンク先では、僕の嬉しそう(辛そう)な様子が読めます。

サンクトペテルブルク
A Christmas present from my daughter
サンペテが!!!

まさかの廃盤

ここからが、今日の主題です。
そんな素敵なボードゲーム「サンペテ」ですが、ある日突然ゲームが廃盤になりました。値段も安いし、面白いよと薦めることが多かったのでこれは結構驚いた。

音楽で例えるなら、ビートルズの「リボルバー」が廃盤になったぐらい(なってないです)のイメージか。微妙といえば微妙な位置づけだが、3000個も売れれば、めちゃめちゃ売れているという認識のボードゲーム界において、廃盤など日常茶飯事。例えドイツゲーム賞受賞作でも同じ事、何しろ、同じゲームを2回、同じ人が買う事などほぼありえない産業だ。

だから、見つけたら即座に買えというのが、基本的なボードゲーマーの態度。でないとボードゲームの新作はすぐ手に入らなくなって、がんがん遊べない。廃盤は諦観して、見守るのみ。まぁ予備でもう1個買っておくべきだった思うぐらい。


しかし、今年になって、サンペテの復刻の記事が出ました。ハンス社が、復刻の要望に応えて再版するという話が。これまで断続的にその情報を追いかけていたが、このほど、ついにその復刻が確定したらしい。しかもただ復刻させただけではなく新しい試み満載でした。


クラウドファンディングへ

sankt_petersburg_vote.jpg

製作元のハンス・イム・グリュック社は、同じゲームを復刻しただけでは元が取れないのは目に見えているので、クラウドファンディングの手法を採用しました。事前に基金を募り製作費にあてるという企画がそれ。これによって、参加型の復刻イベント化したサンペテは、目標額の2万ユーロ(約280万円)をはるかに超えた、75,250ユーロ(約1000万円)を獲得したらしい。まさに、世界のサンペテファンによる買い支えである。


sankt_petersburg_vote_2.jpg


ルール変更と資金獲得によるアップデート

さて、復刻にあたって内容も充実、ルールも追加することになった。

・変わった箇所について箇条書きにしていみる

・5人プレイが標準でできるようになった(以前は拡張の購入が必要)
・新しく「市場」というフェイズが導入された。(職人と街のフェイズの間)

上記に加えて、獲得した基金で導入が決定したもの。

・木製コマに変更(22.000ユーロ)
・最初から各プレイヤーがもつ特殊能力「助手」(28.000ユーロ)
・オンラインでゲームがプレイできる(38,000ユーロ)
・新しき社会12枚の新しいグループカード (48,000ユーロ)
・誰かが越えると発声するイベント(ハードル)(55,000ユーロ)
・ミッションカードが付属(65,000ユーロ)

獲得した資金はこのいずれももクリアしています。

極めつけスペシャル企画

・イラストを全面刷新

誰しも夢見るスペシャル企画だった。忙しさにかまけて参加しなかった自分を呪いたい。
サンペテの貴族カードの顔の絵になれるというビッグ企画である。自分の顔だけだと恥ずかしいかもしれないが。デザイナーとの合成?になるというので、その辺は安心する。

「見てよ、このアゴ」これが俺のアゴだよ!」
「私のまつげライン素敵でしょ、両親に感謝したいわぁ」

などと言えるだろう。ちなみに、合成されるデザイナーはV.フヴァチル、S.フェルト、U.ローゼンベルク達です。もし選ばれたらプレイするたびに、たいへん熱い気持ちになるうえに、世界中のプレイヤーたちが自分の顔のカードで一喜一憂する姿を想像して感極まれます。
むろん、願うべくは16金の貴族になりたい。3金とかのましてやピョートルカードの変わりはお断り!などとは思うよね。

ちなみに、箱の色もアンケートで緑に決定されました。

27日に締め切られ、この潤いのある資金力でこの秋に再版されることが決定しました。おめでとう。
投資してないので、特別版はもらえませんが、通常版は一般向けで買えるそうです。
ドイツには行けませんが、たぶんドイツアマゾンでポチることでしょう。

(※英語版も同時にでるそうで、そっちの方がいいかも)


サンクトペテルブルグサンクトペテルブルグ
()
メビウス

商品詳細を見る

スポンサーサイト

サンペテが!!!

知らなかったのですが、麗しの「サンクトペテルブルグ」が、絶版になるという話を発見。

メビウスゲームズの能勢さんの情報より

オールタイムベストゲームなので、ものすごく残念です。

こうなったら、今のうちに20個ぐらい買っとくべきか。
日本語版とか出ないかな、出ないだろうな。

サンクトペテルブルグサンクトペテルブルグ

メビウス

商品詳細を見る





A Christmas present from my daughter

ボードゲームファンならBoard game geekという巨大サイトがあるのはたぶん知っている。
僕も、よく見に行く。サイトには、世界各国の5万点近いゲームの情報やそのゲームの価格情報、大量の画像、プレイ動画、レビューが置かれていて、いつも活気がある。さらにマイアカウントを作ると持っているゲームを登録できたりする。

利用方法は各人各様だと思うけれど、僕は主に、ただ新作のレビューを見るか、ランキングを見て次に何を買うか購入の指針にしている。ああ、ルールの確認もここだ。英語のルールやヴァリアントルールもここで調べられる。

でも画面が見にくくて重い。ものすごく。ぱっと見、まず拒否反応がでる。長居はしない。

そういうわけだから、日本語ルールが分かっていて、既に相当やっているゲームについては、ほとんど見ていなかった。でも、先日、サンペテのフォーラムを何気に読んだら、ほろっと来た。

サンペテが好きな人か、お子さんをお持ちの人は、きっと心を動かされると思う。

A Christmas present from my daughter

こんなプレゼント貰ったらたぶん泣く。

サンクトペテルブルグサンクトペテルブルグ


商品詳細を見る

サンクトペテルブルグ 拡張 新しき社会&饗宴

st_kakucho.jpg

サンクトペテルブルグの 拡張版「新しき社会」&「饗宴」を買った。

拡張ってそんなに興味がなかったのだけれど、やっぱり欲しくなった。散々悩んだ末に拡張版を購入。
強過ぎる「貴族18」と「天文台」の修正が入るってだけでも垂涎ものだから。

拡張版は本体と一回り小さいかわいい感じの小箱に入っている。
でも、はっきりいってこの箱の8分の1以下で全然間に合う。
頼むから、箱を小さくしてくれないかと真剣に最近思う。収納が辛いぞ。

しかし、5年以上前のゲームにここまで入れ込んでるの日本でここだけじゃないだろうか。
ここというか、数人だけじゃないだろうか。

でも、きっと日本にはいなくても世界にはいるはずだ。
今もこの瞬間に「アカデミー」建てようかなとか言ってる人がいるはずだ。

そういう人にどこかで会うかも知れない。
例えば、橋のたもとで、マンダリンなんか聞いてるときに。
あるいはモスクワとかで、ウォッカ飲んでる時とかに。
そうですね、私は街戦法が好きなんですよとか言ったりして。

さて、前置きはこの辺にして、珍しくデータぽいことを書いていこう。
色々ネットで調べてみたけど、拡張について詳しく書いているサイトが見つからなかったからだ。
しょうがないので、自前で用意することにした。

1)色問題

st_color.jpg

本体のカードと拡張の写真を撮ってみた。左側が拡張で右側が本体のものである。
画像では分かりずらいが、あちこちで言われているように、やはり裏面の色の濃さが違う。拡張の方の色が断然濃い。特にこのゲームで最も攻防が熱い貴族カードの色が、はっきり分かるぐらい違う。
カードの種類がわかるからといって、わかった人が取れるとは限らないので致命的ではないものの、やはりいただけない。差し替えカードだけまぜて使うといった使い方はできないようだ。混ぜるなら、どのカードか分からなくするために全部使った方がよさそう。



2)5人プレイ可能

fiveplay.jpg

黒いコマと円柱の手番コマがついて5人でプレイすることが可能になった。
カードの2の数字は5番目のプレイヤーは明らかに不利になるので、最初に2ルーブル得る事が出来るという表示です。これを持っている人はあるターンでは、一度も一番の手番がまわってこないターンが発生することになります。5人でプレイする場合。ターンが終れば、今までとなりに送っていた手番コマは2つとなりのプレイヤーに手渡すルールになります。

3)差し替えカード

st_sashikae.jpg

まずはピョートル。コスト8だったのが3になった。
貰えるお金は1ルーブル下がったけれど、もともと「アップグレード要員」だからいいよね。よかったね。ピョートル。これで皆に構ってもらえるよ。

となりの18貴族は不満そうだけど、君は今まで得をしてきただろうからしゃあないと思う。
お金が3減の勝利ポイント1ぷらす。

個人的にはマリンスキー劇場の変更に気持ちがいく。今ままでは、貴族の人数分1ルーブル貰えたのが、今度は1勝利ポイントに変更されている。1ルーブルと1勝利ポイントだと話がだいぶ変わってくるので、このカード結構いいんじゃないでしょうか。


4)新しき社会

社会が発展すれば、いろんなタイプの人間が住み着く。
あんまり生産的でない人も住み着く。
adkige01.jpg

Hochstaplker(おべっか使い)ってのが目立つ。持ってるだけで1ルーブルマイナスか、最後まで手札にしときたいなこいつは。
それかさっさとアップグレードか・・。キージェ中尉って誰なんだ?調べてみると皇帝の昼寝の邪魔をしたことで激怒されてシベリア送りになった「架空」の人物なのだそうだ。でも本当は皇帝の身を守るべく邪魔したから忠臣だったらしい。でも政治的な理由で暗殺された。でも架空の人物というなかなか面白そうな話。この話を元にした交響組曲もあるみたい。

gebaude01.jpg


・Shuldturm(債務者監獄)
1勝利ポイントを貰うか、カード捨て場から1枚取って直ちに場に置く事ができるっていうことかな。

・Kaffeehaus(コーヒーハウス)
貴族持ってる分1ルーブル。前のマリンスキー劇場と同じですね

・HANDELSGILDE(ギルドホール)
最大4ポイントまで、お金と勝利点がもらえる。2勝利ポイントと2ルーブルとか。

・UNIVERSITAT(サンペテ大学)
きれいな大学やなー

・MARKTHALLE(商館)
3ルーブルで2勝利点が買えます。

・TXITILEFABLIK(織物工場)
布カード1枚につき2勝利ポイント。

handwerker01.jpg

・Bauer(農夫)
コスト9ですか。最初に出ない事を祈るべし
kolchose(コルホーズ)
5カ年計画だっけ。すごいなーロシアって、学生の時思ってました。まさか崩壊するとはね

・Oktoberrevolusion(10月革命)
フィーバーって感じですか

5)饗宴

これちょっと微妙だなと思える。
やってみないと分からないけど、ゲームスピードが遅くなりそうで、嫌かも知れない。
カードは普通にカードに混ぜて使用できる。基本的に紫のカードは無料です。

kyouen.jpg


・Langfinger(スリ)
これを出せば、出した人がその時の手番が一番最初になる。横取カードですね

・Hofnarr(宮廷道化師)
自分の持っているカードに付ける。次の決算する時にお金と勝利点が逆転する。利用は1回だけです。

・Doppekzug(ダブルムーブ)
2回連続で行動できる。意味ないけど2回連続パスでもいいらしい。

・Weg damit!(一緒に捨てろ!)
手札から一枚捨てなければなりません。これいいんじゃないの?持ちすぎの人にはぴったり

・Schwarzmarkt(闇市)
捨てた札から1枚買う事が出来ます。捨て札全部見て決めてOK
アップグレードはダメみたい。

・Goldesel(金のロバ)
ほんまにロバかこれ。ともかく絵の通り5ルーブル貰えます。

・Zar Superstar(皇帝 スーパースター)
いちびってるピョートル。このカードは「皇帝と大工」とのみ交換可能。
建物と皇帝カードを買う時に1ルーブル下がります。

評価はつかないけど、なかなか魅力的なカードだらけで興奮してきた。
さぁさぁ、皆様ゲームの時間ですよ。


サンクトペテルブルグサンクトペテルブルグ
メビウス

商品詳細を見る

サンクトペテルブルグ

YBC緊急強化合宿が行われた。

ボードゲームにこり出してから半年程、有り難いことにゲームをやる機会が増えた。

もともと、あんまり人を誘わずに1人で遊びを好む性格をしているのだが、自分が好きなことになればむろん別になる。でも最近どうしても気になることが出てきた。

それは、僕がものすごくゲームに弱いこと。

10戦やって1回勝てるかどうか。そういうレベルになってる。どうも負けすぎる。

いくら僕が、ウインのいた頃のダメダメタイガースを、甲子園球場のアルプス席で熱心に応援していた気力をもってしても落ち込む。
(※ウインの珍しいホームランを生で見たのは自慢できるが)

さらに危ないのは、本当は良いゲームだと頭では分かってるのに、負けが込むとそのゲームがどんどん嫌いになってくるという事だ。

いくらゲーム好きとはいえ、ここまで弱いと続けられないのではないか、とさえ思えてきた。

そこへ、morry氏からの「僕もうサンペテ見切りました、負けないと思います」とのメール。何だとコノヤロー、との事でサンペテ緊急強化合宿が開催された。


サンクトペテルブルグ



サンクトペテルブルグサンクトペテルブルグ

商品詳細を見る


会社・出版社    Hans im Gluck(独版)
デザイナー Michael Tummelhofer
プレイ人数 2~4人
対象年齢 10才以上
プレイ時間 45分ぐらい

ゲーム雑感


CIMG1786.jpg

北のヴェネツィアと呼ばれたサンクトペテルブルグ(元レニングラード)を舞台にした。カード主体のゲーム。町は芸術の街として名高く、聖イサーク大聖堂やエルミタージュ美術館なんかがある。ツルゲーネフ辺りの文化人に、モスクワなんてサンペテに比べたらド田舎じゃんとか呼ばれてたとか。ロシア映画好きなのもあって、テーマはかなり好み。
というか、単純なルールなのに何でこんなおもろいねんというゲーム。


2004年 ゲーム年間ゲーム大賞ノミネート
2004年 ドイツゲーム大賞受賞
2004年 International Gamers Award


プレイレビュー



前回大会時、手持ち3枚もったまま終って、笑いを誘ったサンペテメンバーである主力のMamomotiさんが、来られないとの事で、近所にお住まいのセレブ(本人否定)Sassanを誘ってみる。即OK、しかも子供を預けてくるとのこと。天晴れなボドゲ心。ネグレクトじゃないよねと一応確認するが大丈夫だった。彼女はYBC主婦部門リーダーでもある。

その心意気に答えるべく、前日金曜日の夜、彼女のだんなの帰りが遅いのをいいことに、こっそり箱持って訪問、一杯飲む。こう書くといけない逢引みたいなイメージが沸くが、そんな感じはまったくない。彼女の寂しさを埋めるのは、僕ではなくピョートルである。
CIMG1788.jpg
役立たずだとの評判のピョートル

レビューも兼ねているので簡単にゲームの説明

サンペテは職人、建物、貴族、アップグレードの4種類のカードがあり、それがそのままターンに分かれている。

ターンごとに決まった枚数(最大8枚)のカードが公開され、順番に自分が欲しいカードを買って、自分の手元に配置するとそれが街になり、カードに書かれた内容の効果を発揮する。

1)職人カードを手に入れると毎職人ターンお金を貰える。
2)建物カードを手に入れると毎建物ターン勝利点を貰える。
3)貴族カードを手に入れると、お金と勝利点を貰える、がコストが割高。
4)でも貴族はゲーム終了する際に、人数によってボーナスの勝利点がもらえる。
5)各カードはアップグレードカードで素敵な絵柄のカードと交換グレードアップが可能

この種類別の4ターンを順番にひたすら続ける(いずれかの種類のカードがなくなると終了)

簡単いっていまうと、コレだけ。えっちらおっちら重たい車輪をまわしていく感じ。
まわしていくうちにどんどん立派な街になるという寸法だが、とにかく中盤まではお金がないゲーム。
なんかお金が潤ってきたなーと思った頃にゲームが終了する絶妙なバランスがある。

覚えてもらうためなので、さっさと進行。
この時点では、初プレイのSassanに負けるわけがないので、力いっぱいねじ伏せる。
これは勝ったうちに入らないのでノーカウント。勝負はMorry氏の来る翌日である。

翌日、Morry氏が午前中から訪れる。

早速プレイする。まじで赤子のごとくひねられる。
あのーこんな点取った事ないです。とまで言われる。
ムキーってなったので、本気を出す。Sassanも3戦目から参加。

ワールドカップにあわせて、この日の勝敗を勝ち点方式で表示してみる。


1サンペテ2サンペテ3サンペテ4カタン5カタン6ドミニオン7ドミニオン合計
Morry137 377 362 111 310 334 329 117
Kazun96 15477 33612 150 38
puo8062 1516 159242
sassan//5959 111181


正直、Morry氏が強すぎた。僕も何回か勝つには勝ったが、3戦目以外はラッキーだっただけ。
あんまり強いので途中でゲームを、カタンとドミニオンに切り替えたが、大差なしだった。

にしても僕のカタンのプレイ酷すぎました。3点て・・。



評価



絵柄地味だし、実はカードゲームだし、このボードもほんまにいるんかな?と最初は思ってたけど、どんどん愛着がわいてくる。

なにしろ、セットするのが楽、持ち運びやすいし、説明も簡単で、やりがいもある。

それから、多少の運(一部の強いカードや特殊な天文台が早い段階で手に入るとまず負けない)もあるけど、実力勝負になるのも良い。気持が弱気になったり、計算をミスすると、それだけで負けてくる。心理的なものと計算力を問われて非常に面白い。行動を起こしたことに対して、すぐに得点やお金にはね返って結果が目に見えるってもの小気味よい。

相手の狙いを読んで勝ちきった時の、やってやった感も強いし、負けたとしても大抵接戦になるので、最後までダレない。ずっとボドゲーやってる人からしたら新味みたいなのはないんだろうけど、初心者には、これはものすごい中毒性を提供してくる。悪い点が見つからない。

とにかくベタ目褒め、全然ゲームの解説してないけど、ほんとにこれおもしろい。
値段も他のゲームに比べて安いし買いだと思う。今、無人島いくならこれ持っていく。

そういうわけでNonplusultra!


おまけ まじめな反省


勝つ事を重視するために、数日長考することを自分に許可した。
おかげで、何度か勝つことができたが、面白かったかといわれると分からない。

長考は場のリズムを崩すし、雰囲気も悪くなるし、ろくなことない。
僕は人を待たせるのも嫌だし、待つのも嫌だ。と、むかしは遅刻常習犯で呼び出しくらってたのが信じられん考え方になってる。いつからだろか。

個人的な意見だけど、手番に長く考えるのを良しとするなら、一人で出来るゲームをしたほうがいい。

だから、もう思い切りのよさでいってしまおう。
時間ぎりぎりで、負けないように選択したはずの自分の失敗を楽しみたい。
負けても「下手の横好き、愛の見切り発車」ということでいいんじゃないか。

結局、僕がボドゲで何より好きなのは、ルールと盤の美しさとリズムと雰囲気だったということです。


さらにおまけ、実サンペテの風景


ゲームだと役立たず呼ばわりされますが、これ建てるの命じたピョートル凄いです。

Church-of-the-Savior-on-B.jpg

The-Winter-Palace-and-Hermi.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。