カテゴリ:世界のボードゲーム賞 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ドイツ年間ゲーム大賞 2012年ノミネート作品が発表されてた

Logo_Empfehlungsliste_web.jpg


今年もボードゲームの、アカデミー賞ともいえるドイツ年間ゲーム大賞の時期がやってきました。
タイトルの「されてた」というあたりが微妙に情報遅れがちな最近の私の傾向をしめしています。

それはともかく、昨年からエキスパート賞が追加されて、2012年も、大賞、エキスパート賞、キッズ賞の3部門です。
推薦リストもいれると、結構な数のゲーム数になってますが、たぶんこれ選ぶ人は本当に大変だろうな。

しかも、数が多いというのが理由じゃないだろうけど、今年は、発表してから後でルール変更するゲームが多かったのでちゃんと詰めていただきたい(勘弁してくれ)ものだ!。とのお叱りコメントつきでの発表でした。

コメントKommentar des „Spiel des Jahres“-Vorsitzenden zum Spielejahrgang 2012

大賞とエキスパート賞の発表は7月9日、キッズゲーム大賞は6月11日とのこと。


ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品

ロバの橋 Eselsbrücke


キングダムビルダー Kingdom Builder


ベガス Vegas
pic1261796_t.jpg

2012年ドイツ年間ゲーム大賞 推薦リスト 
キレイがきらい、インディゴ、カリマンボー、クラミ、ミス・ルプンと数の秘密、ピクトマニア、サンタクルーズ、ラパヌイ

2012年 年間エキスパート賞 ノミネート

・K2 by Adam Kałuża (Heidelberger Spieleverlag)



・ターギ Targi by Andreas Steiger (Kosmos)
pic1204085_t.jpg


・村の人生 Village by Inka and Markus Brand (eggertspiele)




2012年 年間エキスパート賞 推薦リスト
:フライデー&ロビンソン、ハワイ、祈り、働け

2012年 年間キッズゲーム大賞ノミネート

•小さな竜騎士 Die kleinen Drachenritter, by Marco Teubner (HUCH! & friends)
pic1310537_t.png

•取ってフビ Schnappt Hubi!, by Steffen Bogen (Ravensburger)
pic1086779_t.jpg

•クモの毒とカエルの鼻水 Spinnengift und Krötenschleim, by Klaus Teuber (Kosmos)

pic1210973_t.jpg

2012年 年間キッズゲーム大賞 推薦リスト
キャプテンキッド、魔女の高層ビル、クラック!、ヒレを高く!、キャプテン・リノ、スカウト・サーカス動物乗り、モンスターアラーム、コラクシス&コー、いかさまゴキブリ

(和名はTGIW様から転載)


とりあえずの感想としては、ロバの橋の、大賞なんてまるで興味ないぜ感のボックスアートに感じ入ったのと、事前予想で好評そうだったトラヤヌスが、推薦リストにすら入らないというのに、なるほど感を感じたりしてます。






スポンサーサイト

ドイツゲーム大賞 2011

2011年、ドイツゲーム大賞が発表されていた。
ストラトジータイプのゲームが好みなので、年間ゲーム大賞よりもこっちの方をより気にしてます。

dsplogo2011.jpg

DEUTSCHE SPIELE PREIS

1、世界の7不思議 7 WONDERS 

「世界の七不思議」日本語版




大賞は世界の7不思議。受賞ロゴで箱を一周するという、かつてない夢に向けて受賞ラッシュの7不思議。
これで取った賞は何個目?

2位以下は下記。

2、ブルゴーニュ DIE BURGEN VON BURGUND

ブルゴーニュ


3、トロワ TROYES
トロワ(Toroyes)

4、ナビゲーター NAVEGADOR

pic824016_t.jpg

5、アサラ ASARA

アサラ(Asara)


6、モンド MONDO


モンド(MONDO)

7、パンテオン PANTHEON

パンテオン


8、ランカスター LANCASTER

pic1015229_t.jpg

9、LUNA

pic802342_t.jpg


10、ストラスブール STRASBOURG


ゲームジャパン特選ボードゲーム ストラスブール(Strasbourg) 日本語訳ルール付属



今年良く聞いた名前のゲームばかりながら、半分もやってない。
特に、気になるのは2位になったブルゴーニュ。この面子で2位ってのは相当面白いんじゃなかろうか。
箱から受けたのは地味な印象だったけれど、これはやってみたくなった。


Das Jahresergebnis 2011


ドイツ年間ゲーム大賞 2011が発表された。

poebbel_spiel_40pxhoch.gifpoebbel_kenner_40pxhoch.gif

2011年のドイツ年間ゲーム大賞が発表された。
Spiel des Jahres
今年から、Kennerspiel des Jahres っていう、フリーク向けの賞も増えた。

Spiel des Jahres 2011
 poebbel_spiel_40pxhoch.gif
Qwirkle
Qwirkle Board GameQwirkle Board Game
()
不明

商品詳細を見る



Kennerspiel des Jahres 2011 poebbel_kenner_40pxhoch.gif
7 Wonders

世界の七不思議 (7Wonders) 多言語版世界の七不思議 (7Wonders) 多言語版
(2011/04/16)
Repos Production

商品詳細を見る


今年は、たまたま受賞発表のタイミングでパソコンの前にいたので、リアルタイムで確認することができた。
Spiel des Jahresでは、発表を実況中継してくれる、ページがあったのでそれを見ていたのだ。

最初に、エキスパート賞の発表があり、7不思議が当然のように受賞。デザイナーは今韓国?にいるとか言ってたような気がする。
拍手と受賞式の後で、お待ちかね年間ゲーム大賞の発表、予想としてはアサラが本命だったけど、ひょっとしたらあるかも、と思っていたクゥワークルが来た。

まず感じたのは、え?という肩透かし感だった。
ドイツ年間ゲームについては、世界1のボードゲームを決める賞という意識が強かったので、このテーマ性のないゲームが受賞したことにびっくりした。テーマは?デザイナーの個性は?まるで、最後に得点が倍になって負けたお約束のクイズ番組みたいだ。

期待すればいいのか、がっかりしたらいいのか良く分からないというのが正直な感想です。
まぁ、もちろん面白いから受賞したんだろうけど。

ドイツ年間ゲーム大賞2011 ノミネート

dreier_logo.gif

ドイツ年間ゲーム大賞2011ノミネートされていたので、リストにする。
権威とか、なんたら賞に激弱なので、早速簡単に感想など。

ちなみに、今年から、「エキスパート大賞」なるものが増えたらしい。
グレーのロゴが「エキスパート賞」ちょっとゲーマー向けの賞ということなんだろう。

これで、年間キッズゲーム大賞を入れて3つの賞ということになった。

【年間ゲーム大賞ノミネート】 (Spiel des Jahres 2011)

3作品

●アサラ ASARA

アサラ(Asara)アサラ(Asara)
()
ラベンスバーガー(Ravensburger)

商品詳細を見る



●禁断の島 DIE VERBOTENE INSEL

forbidden01.jpg

●クゥワークル QWIRKLE

Qwirkle Board GameQwirkle Board Game
()
不明

商品詳細を見る


【エキスパートゲーム大賞ノミネート】(Kennerspiel des Jahres)
3作品

世界の七不思議 7 Wonders

世界の七不思議 (7Wonders) 多言語版世界の七不思議 (7Wonders) 多言語版
(2011/04/16)
Repos Production

商品詳細を見る


ランカスター Lancaster

2011_lancaster.jpg

ストラスブール Strasbourg

ゲームジャパン特選ボードゲーム ストラスブール(Strasbourg) 日本語訳ルール付属ゲームジャパン特選ボードゲーム ストラスブール(Strasbourg) 日本語訳ルール付属
()
Pegasus Spiele

商品詳細を見る


推薦リスト(Empfehlungsliste "Spiel des Jahres" 2011) :おばけキャッチ、ブロッカーズ、ウルル、モンド、髑髏と薔薇、サフラニート、太陽海そして砂、ブルゴーニュ、ルナ、フリーズ


【年間キッズゲーム大賞ノミネート】(Kinderspiel des Jahres)
3作品
その中に虫がいるよ Da ist der Wurm drin
2011_daistderwurmdrin.jpg

小さな魔法使い Die kleinen Zauberlehrlinge

小さな魔法使い小さな魔法使い
()
メビウスゲームズ

商品詳細を見る

モンスターの落とし穴 Monster-Falle
2011_monsterfalle.jpg

推薦リスト:パップザット、枕の戦い、グリマッフェン、怖いサル、ジッケザッケ、小さなカエルの音楽、大きな動物クイズ、マゴーの本読み魔法、千とひとつの宝物、バナナジャンプ、大玉ころがし、Tレックスからの脱出、宝島


世界の七不思議がエキスパート大賞にノミネートってことは、エキスパート賞ってプレイヤーがエキスパートというより、エキスパート入門ぐらいのゲームを選ぶってことなんだろうか。この賞って「ドイツゲーム大賞」と「年間ゲーム大賞」の狭間のの賞という気もする。

まぁ、2つにわけることで「選びやすくする」という選考委員の都合なんだろうな。
2つ賞があれば、特別賞のような苦し紛れの賞を出さなくてもすむし。
7不思議とクゥワークルのどっちが面白い?とか聞かれても、もう答えられないんだろう。

個人的にはWebで好評だった。ナビゲーターとロンドンのどちらも入っていないのが残念だ。
特にロンドンはかなり気に入っているので、せめて「かすって」欲しかった。

予想をすると、年間は「アサラ」とエキスパートは「7不思議」。
7不思議は確定の雰囲気があるけれど、年間は根性を見せて、意外と「クゥワークル」がきそうでもある。
ストラスブールはノーマークだったので、ちょっとやってみたい。

Spiel des Jahres 2011




日本ボードゲーム大賞2010

日本ボードゲーム大賞が発表されてた。

大賞のマークはこんな感じ、富士山とサクラがめいっぱいJapanをアピールしてる。
jbp2010_logo.jpg

もともと僕は、ランキングとか、なんちゃら賞みたいなものに激弱ですぐなびくたちなのであり、誰でも投票できるみたいだったのですぐ投票していた。投票したので参加しているという感じがして、結果は気になっていたわけです。

で、1位は「キャット&チョコレート」という国産ゲーム。意外というか、そうなんだ。という感じ。

どんなゲームか知らなかったのだけれど、ここ
のレビューを見て、ちょっと面白そうと思ってたのでタイムリーでもあった。


【日本ボードゲーム大賞2010】


1位:キャット&チョコレート 350点

キャット&チョコレートキャット&チョコレート
()
Qvinta Essentia

商品詳細を見る

2位:電力会社 269点

電力会社 完全日本語版電力会社 完全日本語版
(2010/09/04)
アークライト

商品詳細を見る


3位:レース・フォー・ザ・ギャラクシー 260点

レース・フォー・ザ・ギャラクシー (日本語版)レース・フォー・ザ・ギャラクシー (日本語版)
(2010/10/03)
ホビージャパン

商品詳細を見る



4位:ル・アーブル193点

ル・アーブル 日本語版ル・アーブル 日本語版
(2010/03/20)
ホビージャパン

商品詳細を見る

5位:サンダーストーン169点

サンダーストーン 完全日本語版サンダーストーン 完全日本語版
(2010/11/06)
アークライト

商品詳細を見る


6位:ギフトトラップ (日本語版)(GiftTrap)
ギフトトラップ 日本版ギフトトラップ 日本版
(2010/11/27)
アークライト

商品詳細を見る


7位:フレスコ (Fresco)
フレスコフレスコ
()
Queen Games

商品詳細を見る


8位:ウボンゴ3D(Ubongo 3D)

ウボンゴ3D(Ubongo3D)ウボンゴ3D(Ubongo3D)
()
コスモス(KOSMOS)/ドイツ

商品詳細を見る

9位:倉庫の街(Die Speicherstadt)

倉庫の街(Die Speicherstadt)倉庫の街(Die Speicherstadt)
()
Eggertspiele

商品詳細を見る


10位:ばるば★ろっさ(Barbarossa)

ばるば★ろっさばるば★ろっさ
(2010/06/26)
アークライト

商品詳細を見る


【日本ボードゲーム大賞2010 ゆうもあ賞】

大賞なし
ノミネート:インジーニアス
インジーニアス (日本語版)インジーニアス (日本語版)
(2010/09/16)
ホビージャパン

商品詳細を見る


ノミネート:ギフトトラップ

ギフトトラップ 日本版ギフトトラップ 日本版
(2010/11/27)
アークライト

商品詳細を見る


ノミネート:ドラゴンディエゴ

ドラゴン・ディエゴ / Diego Drachenzahnドラゴン・ディエゴ / Diego Drachenzahn
()
ハバ(HABA)/ドイツ

商品詳細を見る


この賞、投票できるゲームのリストのうち、半分以上が知らないゲームか、やったことのないゲームだった。知っていたのは、ほとんど日本語版で出たものばかりだった。自分で購入しているのも日本語が多い。日本語版は値段的に買いやすいし、何よりとっつきが良くてプレイしやすいので、なんか楽なんだよな。
ほとんどの順位で日本語版が圧勝しているのも納得です。

でも、まだ本当に面白さだけで選ばれてない気もする。今の所、手広く流通しているかどうかの方が重要なんだろう・・。ともあれ、大賞の「キャッツ&チョコレート」と両方に名の挙がった「ギフトラップ」は是非やってみたい。

ちなみに、自分が投票したゲームが3つランクインしていたのも、なかなか嬉しい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。