カテゴリ:個人日記 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

復刻 サンクトペテルブルク




先日、いつもブログ見てますよと知り合いに言われ、ありがとうと言いつつも一瞬どのブログ?と慌てる。その人との付き合いを思い出し、ああボードゲームのやつだと気がついた。他にもほにょほにょブログとかにょろにょろブログなどを管理しており、最近そちらのほうに力を入れていたので、どの?となってしまったわけです。


このボードゲームのブログは画像加工するために、ひとつの記事の更新にやたら時間がかかるので、最近じゃ、ゲームの内容の話はほとんどなくて、ボドゲ会のレポート専門になってしまってます。でも、心底楽しく、何にも考えずに書く事ができ、風呂に入りながら鼻歌状態で書いてるような、お気楽ブログででもあります。

まぁ趣味ブログなどというものは、どこでもそういうものなのだとは思いますが。

で、またしても例の表示、fc2恒例の1ヶ月〜がでてきたので、バシっと撃退しておくべく、たまにはレポでない普通のボドゲ記事でブログ更新を決意。

ネタは何にしようかと考えていたら、そういえば、と「サンクトペテルブルク」というゲームについて大変魅力的な情報があるのでそれを書いておこうと思う。

サンクトペテルブルク



長く遊んでいるボドゲの人、このブログの数少ない読者にはおなじみの「サンペテ」こと「サンクトペテルブルク」(Sankt Petersburg)というボードゲームがある。ロシアのSankt Petersburgを舞台にしたボード(カード)ゲームで、1703年の街の建設に携わるという萌える内容。基本4種類のカード(職人・建物・貴族、ボーナス)のカードで勝利点を競うシンプルで、するめ的ゲーム。

2004年には、ドイツ年間ゲーム大賞、インターナショナルゲームアワード大賞、フランスのトリックトラック賞、オーストリアゲーム賞など数々の賞を受賞し、輝かしき実績を残した、まさにクラシックゲームである。

spielepreise.jpg


僕はこのゲームに激ハマりして、かつて毎日ソロ練習したことがある。ドイツゲームというものに感動し、最初の頃に出会ったゲームで思い入れもひとしお。面白くて、面白くて毎日勝つ方法を考えていた。他の人のブログなどで、このゲームは目新しい要素がない、などという批判的な記事を読んだ時に分かってないな!と憤慨もしたが、まぁ経験をつんだ今思えば、まさにその通りではある。
でも、他のゲームにはないものもある、スピード感と、世界感(ロシア舞台のゲーム見たことない)と、ゲームのシビアなところが極めて素晴らしいゲームだ。

熟練者同士で遊ぶとワンミスで負けてしまう緊迫感。プレイ中に1回はかならずやってくる、ここぞというときの大博打がたまらなかった。それでいて、インスト(ルール説明)含めて30分程度で終わる。ゲームの長さも、他プレイヤーとの絡みや戦略によってわざと速く終わらせたり、わざと遅くしたりできるようになっている。絵は、かなりもっさいが、中身は最新鋭のスーパーカーみたいなものだった。

もう一つの批判、あるカードのせいでゲームバランスが悪くなる部分も拡張の発売によって修正され、完成したゲームだった。

当時、あの世で遊ぶから、僕が死んだら棺桶にいれてくれと妻に遺言しておいたほどだ。
付け加えて、もし妻が先に死んだら、嫌だと言っても一緒に棺桶に入れてあげようと思う。これ持って待っててと。

さて、よくわからない話になりそうなので、過去の記事を紹介しておこう。
リンク先では、僕の嬉しそう(辛そう)な様子が読めます。

サンクトペテルブルク
A Christmas present from my daughter
サンペテが!!!

まさかの廃盤

ここからが、今日の主題です。
そんな素敵なボードゲーム「サンペテ」ですが、ある日突然ゲームが廃盤になりました。値段も安いし、面白いよと薦めることが多かったのでこれは結構驚いた。

音楽で例えるなら、ビートルズの「リボルバー」が廃盤になったぐらい(なってないです)のイメージか。微妙といえば微妙な位置づけだが、3000個も売れれば、めちゃめちゃ売れているという認識のボードゲーム界において、廃盤など日常茶飯事。例えドイツゲーム賞受賞作でも同じ事、何しろ、同じゲームを2回、同じ人が買う事などほぼありえない産業だ。

だから、見つけたら即座に買えというのが、基本的なボードゲーマーの態度。でないとボードゲームの新作はすぐ手に入らなくなって、がんがん遊べない。廃盤は諦観して、見守るのみ。まぁ予備でもう1個買っておくべきだった思うぐらい。


しかし、今年になって、サンペテの復刻の記事が出ました。ハンス社が、復刻の要望に応えて再版するという話が。これまで断続的にその情報を追いかけていたが、このほど、ついにその復刻が確定したらしい。しかもただ復刻させただけではなく新しい試み満載でした。


クラウドファンディングへ

sankt_petersburg_vote.jpg

製作元のハンス・イム・グリュック社は、同じゲームを復刻しただけでは元が取れないのは目に見えているので、クラウドファンディングの手法を採用しました。事前に基金を募り製作費にあてるという企画がそれ。これによって、参加型の復刻イベント化したサンペテは、目標額の2万ユーロ(約280万円)をはるかに超えた、75,250ユーロ(約1000万円)を獲得したらしい。まさに、世界のサンペテファンによる買い支えである。


sankt_petersburg_vote_2.jpg


ルール変更と資金獲得によるアップデート

さて、復刻にあたって内容も充実、ルールも追加することになった。

・変わった箇所について箇条書きにしていみる

・5人プレイが標準でできるようになった(以前は拡張の購入が必要)
・新しく「市場」というフェイズが導入された。(職人と街のフェイズの間)

上記に加えて、獲得した基金で導入が決定したもの。

・木製コマに変更(22.000ユーロ)
・最初から各プレイヤーがもつ特殊能力「助手」(28.000ユーロ)
・オンラインでゲームがプレイできる(38,000ユーロ)
・新しき社会12枚の新しいグループカード (48,000ユーロ)
・誰かが越えると発声するイベント(ハードル)(55,000ユーロ)
・ミッションカードが付属(65,000ユーロ)

獲得した資金はこのいずれももクリアしています。

極めつけスペシャル企画

・イラストを全面刷新

誰しも夢見るスペシャル企画だった。忙しさにかまけて参加しなかった自分を呪いたい。
サンペテの貴族カードの顔の絵になれるというビッグ企画である。自分の顔だけだと恥ずかしいかもしれないが。デザイナーとの合成?になるというので、その辺は安心する。

「見てよ、このアゴ」これが俺のアゴだよ!」
「私のまつげライン素敵でしょ、両親に感謝したいわぁ」

などと言えるだろう。ちなみに、合成されるデザイナーはV.フヴァチル、S.フェルト、U.ローゼンベルク達です。もし選ばれたらプレイするたびに、たいへん熱い気持ちになるうえに、世界中のプレイヤーたちが自分の顔のカードで一喜一憂する姿を想像して感極まれます。
むろん、願うべくは16金の貴族になりたい。3金とかのましてやピョートルカードの変わりはお断り!などとは思うよね。

ちなみに、箱の色もアンケートで緑に決定されました。

27日に締め切られ、この潤いのある資金力でこの秋に再版されることが決定しました。おめでとう。
投資してないので、特別版はもらえませんが、通常版は一般向けで買えるそうです。
ドイツには行けませんが、たぶんドイツアマゾンでポチることでしょう。

(※英語版も同時にでるそうで、そっちの方がいいかも)


サンクトペテルブルグサンクトペテルブルグ
()
メビウス

商品詳細を見る

スポンサーサイト

TRICK PLAY トリックプレイ訪問記

神戸でボドゲ店をやるんですと、梅井氏から話を聞いてからはや3ヶ月。
オープンしたら絶対行きますよーとか宣言したものの、オープンしてもなかなかタイミングがあわなくてお店に全然行けず。大阪に住んでいるとはいえ神戸は微妙に遠いです。

それでも、ようやく行ってきました梅井店長の「トリックプレイ」今回はそのお店訪問記です。

CIMG8422.jpg

えーと、いや、ほら、せっかく神戸なんだし、その前にikeaに行こうってことになり、先にIKEA神戸店に。
昼過ぎに三宮界隈(神戸付近)についていたのに、そのままたっぷり4時間ほどIKEAをエンジョイ。買い物はそんなに好きでなくても、あそこのご飯食べる所が好きなんですよ私。あの学食に似ていなくもない適当な感じが良いです。リラックスできます。行けるのかトリックプレイ。

CIMG8429.jpg

で、気がつくとすっかり4時とかになって、時間がなくなってきた!時間ないのにIKEA出口で、追加で50円ソフトクリーム食べたり、おみやげ買ったりして、さらにエンジョイ。IKEAへの交通手段はポートライナーで、観光気分&物憂げな気持ちが大いに高まります。もし飛行機使って神戸空港からトリックプレイに行くならポートライナーで町に到着です。ポートライナーからの眺めは非常によくて、海と街の風景がかなりイカしています。良い街、神戸。学生の時の想いでもよみがえります。

CIMG8430.jpg

で、戻ってきましたjR三宮駅、紛らわしいのでそのうち駅名が神戸三宮になるとかならないとか。トリックプレイの本当の最寄り駅はこの三宮駅です。JRと阪急が隣接しているのでどっちでもOK。IKEAに行くためのポートライナーは全く関係なく、乗らないでもトリックプレイに行けます、と念のため書いておきます。

お店への道順は非常にわかりやすくてほぼ1本道です。まずは駅前のロータリーの横断歩道を渡って信長書店の東側の道を北に入ります。

CIMG8431.jpg

続いてそのまままっすぐ直進。パルテノン神殿みたいな謎の建物(調べたら山手迎賓館という結婚式ができる建物みたい。)と出くわしても気にせずひたすら直進です。

CIMG8432.jpg

あれ、この道で合ってるんかな?と不安になった頃にトリックプレイが見えてきます。窓に白い布?が垂れ下がっていたので一瞬閉まってるかと思いましたがちゃんと開いてました。日差しの強い日だったので日を遮っていたんでしょう。びびらずに店の前に行きます。

CIMG8433.jpg

そして、看板を発見。誇らしげに「神戸初」と書いてあります。良いですね。ちなみにこういうボードで「そして」って書いてあるのは初めて見ました。ちょっと新鮮。

CIMG8435.jpg

で、店内に入ります。土曜日で1階で何人か遊んでいます、よかった。めっちゃ混んでいたり、がらがらだったらどうリアクションしようと無駄に考えていたんですが、ちょうど良い人数です。(あくまで僕にとって)さっそく梅井さんが出迎えてくれました。黒いTシャツに笑顔が楽しそう。IKEAのおみやげを手渡しつつ、軽く挨拶します。良い雰囲気に心が和みます。

以前行ったキウイゲームズの時とは、気楽さがかなり違います。数回しかあってないものの、知り合いの店ということと、トリックプレイは道路に面した1階にあって、入りやすいってものあると思います。アットホームなサークルに来たみたいな、そんな第1印象でした。

とりあえずの雑談後に、お店の写真を撮らせてもらいます。床は木目のフローリング。それからカフェと言っても通りそうな感じの良い椅子とテーブルが並びます。お店では飲み物を出してないとのことで飲むなら近くのコンビ二などで買ってくる必要があります。

ちなみに、コンビニでなくとも、この界隈は面白いイタリアンレストランとか中華料理店やダイニングレストランなどがごろごろある地域です。なんか琴専門店なんてのもありました。

そして、1階のボードゲーム売り場。お店のボードゲームはほとんど店内のレンタル用ですがこの棚のものは販売用です。わりと新しいゲームから梅井さんお勧めのゲームが置かれています。ちょっと頑張って在庫増やしましたとのこと。売れれば今後も増えそうです。

CIMG8437.jpg

レジ付近です。レジ前だというのに緊張感がなく。妙にまったりしてて雑談スペースとも呼べます。だらだら会話できます。この辺が梅井さんの人柄のなせる技でしょう。

CIMG8436.jpg

プレイ中の方々。楽しそう。

CIMG84440

1階の座席はこんな感じ。

CIMG8446.jpg


ここから2階。2階は長時間ゲームがたくさん置いてあるとのこと。棚にずらっと並んでいます。あのー、これ端からやっていっていいですか!?と大人買いならぬ、大人気プレイをしたくてたまりません。おそらくここならワタシは数日籠れます。

CIMG8442.jpg

ちなみに、2階は天井がやや低いので、でっぱりでデコを打つのは覚悟したほうがいいでしょう。デコを守るための赤いクッションがついていますので、怪我はしないと思われます。まぁ店に俺の訪問記念を血染めのデコでつけてやる!っていうのなら、梅井店長以外は誰も止めないでしょうが、ゲームやりながらジャンプしたりするのはおそらく禁止です。もしくは自己責任です。

CIMG8441.jpg

今ならもれなくタダで「じっくりコトコト」飲めます。今度自動販売機つけるそうです。

CIMG8445.jpg

帰りの時間があったので、残念ながらこの日は挨拶のみでプレイせず帰りました。もっと早く来たら遊べたのにと少々後悔。最後に、どうなんだろうと思っていた質問「あの、もし一人で来たらどうなるんでしょう?」という質問には、「あんまり一人ではお客さん来ないですけどね、でも一人だったらもちろん僕とプレイできます」とのことでした。
「それなら一人でも来れますねー」と僕返事。また来ますと言って帰りました。

そういうわけで、梅井さんと遊べる店「トリックプレイ」は13:00~23:00オープンです。(月/木定休)みなさん行って常連になりましょう。

CIMG8447.jpg

この日の戦利品。「spot it ジュニア」と「ラブレター」欲しかったのが買えて満足。

IMG_2700.jpg

第4回YBCオープンボードーゲーム会開催日時のお知らせ

第4回YBCオープンボードゲーム会の日時が決まりましたので、四たび告知します。

wxdi5ig4.jpg


場所は、前回と同じくヤマザキの名の通り「山崎」の地です。
日時は10月26日(土)です。場所も同じく島本町第2コミュニティーセンターです。

日時:10月26日(土)13:00~20:30ぐらい(21時完全撤収)
場所:島本町第2コミュニティーセンター(小さな公民館です)2階 和室。
   ※都合により14時ぐらいまで隣の会議室→それから和室になるかも。
会費:200円
   ※お茶程度は用意しますが、何か食べたい人は各自で持参ください。
   ※アルコールを飲む人は、別途買い出しに行くか持参ください。
定員:25名まで(※場所の限界人数です。たぶんこんなに来ないと思いますが念のため制限します)

※室内は飲食自由です。
※建物は完全禁煙です。(タバコを吸う場合は敷地外で)
※専用駐車場はありませんので、公共の乗り物でお越し下さい。
※主催者が基本1名なので、小さなお子様の対応はできません。
※近くにスーパーフレスコ・ファミリーマートがあります。
※さらにかぎ卯というおいしいうどん屋さんがあります(オススメ)

場所について

島本町第2コミュニティーセンターは、ユニライフ山崎というマンションのすぐ隣にあります。
行き方はJR山崎駅から徒歩10分程度、阪急大山崎駅から徒歩13分程度です。

075-962-2087
大阪府三島郡島本町山崎三丁目2番5号


大きな地図で見る

続いていつもの趣旨宣言です。

ヤマザキボードゲームクラブは、クラブと言いながらも、基本的に「のんびり遊ぶ」というスタンスのボドゲ会です。さらに、主催のkazunkirはものすごいゲーマーではありません(かつやや、ルーズ)ので、ボドゲは楽しく冗談言いながら遊ぶことを前提にしています。そういうわけで初心者はもちろんウエルカムです。

会場は車が使えず、若干不便ですが、参加してもいいよと思う方はこの投稿にコメントくださるか、facebookに書き込んでいただくか、yamazakilove@hotmail.co.jpまでメールをください。

追記:10月22日現在、まだまだ募集中です。


よろしくお願いします。

ボードゲーム雑談

忙しくてバタバタしてたため、更新うっかり1月放置してましたが、立派に活動しています。

今日は、本当にブログっぽい最近の個人ボドゲ箇条書きです。

その1:Spielboxの雑誌を毎月取り寄せてるが、付録が抜けていたのでリクエストしたらすぐ送ってくれた。サンキュー Barbara!

その2:久々にドイツ便頼んだ。重量課金になってて悲しかった。円安も悲しかった。

その3:あさってボドゲ会なのに、まだ準備してない!頑張れ僕

その4:先日、とある人にボドゲの話をしたら、初めて「ボドゲねぇ」から始まる嫌みを言われた。最近ボドゲの話をするといつも評判がよかったのでマニアックであるというジャンルなんだという初心に帰った。

その5:6月8日(土)はYBCボドゲ会です。13時〜ですよ。






KIWIGAMES  訪問

開店したことは知っていたのだけれど、家からは少し遠いので行ったことがなかったKIWIGAMES。
話によると貴重なボードゲームを売っている実店舗とのことで、実際に遊ぶスペースもあるという。

場所は、日本橋のでんでんタウンのど真ん中、あの辺ってかなりお店がごちゃごちゃしてて、電気屋やメイド喫茶なんかがあるような場所。東京の秋葉原のオオサカ版ってことになっているところではあります。面白い場所ではあるけど空気が薄めで酸欠になりがちでちょっと苦手ではあります・・・。

最寄り駅は堺筋線の「恵美須町」駅 1-A出口より南へ一つ目の信号を左へ曲がり、40m程進んだところとのことですが、

CIMG7855.jpg

40mも歩かなくても、いきなり看板発見でかなり駅近です。
といってもこの辺は、地下が駅になってるから全部駅近いので、出口近ということでしょうか。

CIMG7856.jpg

早速、ビルにはいります。2Fということなので階段を上ろうと思ったのですが、わりと傾斜が急だったのでエレベーターに乗る事に、むかし京都のイエローサブマリンでエレベーター乗っておりたらもう店だったというのが、トラウマでちょっと怖すぎたので、エレベーターに乗るのにややびびります。ああ、言い忘れてましたが僕はかなりのチキンハートの持ち主です。シャイってやつですね。

CIMG7857.jpg

これが、初めて行く美容院並みの怖さを発揮しているKIWIGAMESの入り口です。扉があの、ギーっギギーて開くやつみたいです。
変な汗かきながら、壁に飾られた新入荷作のちらしを見て気持ちを整えていると。ドアがですね、ドアが開くわけですよ、音も無く。
ぜんぜん来た事無いし、会ったこともないのに現れた店長に(たぶんトイレかなんかで)思わず「どうもこんにちは」と言う僕。いったい誰やねんオレ。

そうして店長に扉を開けてもらったうえで店内に入る、店内は外の廊下ほどは怖くない。写真とっていいですか?と聞くと、人がはいらないならいいですよと気持ちいい返事。10帖ぐらいの店内の右手に販売用のゲームが、左の棚に貸し出し用のゲームが置かれています。

CIMG7858.jpg

CIMG7859.jpg

真ん中の島には、国産のゲームがありました。
CIMG7861.jpg

CIMG7860.jpg

奥のプレイルームです。早い時間に行ったのですが、既に1組遊んでおられました。写真ではわかりにくいですが、プレイルームはかなり広いです。部屋への採光も十分でこれならあまりゲームを知らない初心者を連れてきても耐えられると思われます。カウンター席も見えたので、もともと喫茶店か何かだったんでしょうかここ。

CIMG7862.jpg

とりあえず会員になって帰ってきました。休みの日だったので思いのほかひっきりなしにお客さんが来ていました。夫婦のような人や一人で来た人とか。びびりなのと時間がなかったので遊べなかったのですが、機会があればまた来てみたいと思います。お店の素直な感想を言うと、いいなぁーボドゲ屋さんって、です。

KIWIGAMES
定休日:火曜日・水曜日
06-6599-9792



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。