2013年06月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

第2回YBCオープン会 レポ

第2回YBCオープン会レポをお届けします。

第2回オープン会やりますよという告知後、アズさん、トモオさん、ササキさん、ウメイさんなどなど前回参加いただいた方々から、今度も参加しますとの連絡をいただきましたが、1回目よりも反応がゆるやかでした。というわけで気分的に余裕。第2回は土曜開催だし、このままだと10人越えたぐらいになるので、楽に開催できるなと思って、のんびりとした5、6月の日々を過ごす。せっかくだしこないだ面白かった4人しか同時にできない「らくらく大統領になる方法」とかやろっかなーとか呑気に考えていたりして、このブログも放置気味にしていたら1ヶ月の例のやつがでる始末。

と思ったら、開催の数日前からコメントがいっぱい来て人数が!!
それでも、まだ頭のどこかで「まぁたぶん全員はこないよね。どうも風邪流行っているし、やっぱり怖いからやめとか、いきなりの急用とかあるだろうし。なんだかんだで来るのは15人ぐらいだろうなと考えてました。念のためウメイさんにインストできる助っ人をお願いしておけばまぁ大丈夫だろうと。

しかし、みごとに15時頃には全員来ていただきました。いやーありがたい。でも借りてた和室じゃ狭い!場所が狭い!20畳の和室に、24名の参加者はきつかった。一人1畳ないもんな。

たぶん座席に着いたときの皆様の気持ちは、一瞬こんな感じだったでしょう。

最近学んだ英会話から例文を示します。

I feel like a canned sardine.

訳:缶詰のイワシになった気分ですよ。

I feel like a piece of rice in a rice ball.

訳:おにぎりの米粒になった気分ですよ。

ニホンノゥデンシャッテドウデスカァ?みたいな外国の方の質問へのアンサーとしてばっちり使えます。良い機会なので覚えるように。

それでもテーブル動かして、何とか座れてプレイ可能に。一応できてた?みたいです。

心残りは、うっかり自分が長時間ゲームに入ってしまっていたので、初めてお会いした方や久々に会った方とあまり話せなかったことですか。

ともかく、来ていただいてありがとうございます。何度も言いますが、ボドゲは人が集まってはじめて成り立つ遊びですので。

村の人生


20130608_01.jpg


村の人生(Village)村の人生(Village)
()
不明

商品詳細を見る


というわけで、最大5卓展開になっていたので、どのテーブルで何をプレイしていたのかあまり把握していません。ついでに写真の撮影も忘れまくったので、ごく一部の紹介です。つまり私が参加していたゲームのみです。

まずは、以前ルール間違ってゾンビゲームと化した。「村の人生」です。正式ルールでもっかいやることに。
今度は、疫病とったらちゃんと2砂時計分時間を経過させます。教会も得点は毎度いれません。2度目なので前やつた旅作戦は止めとこうとおもったものの、やっぱり旅心がそそられたのでツアーに旅立ちました。「村の生活」はどうもプレイヤー同士の絡みは少なめですね。もう少し絡んでいる方が好きかもしれません。ナイスゲームですが、ちょっとおっとりしてる印象です。あ、もちろんちゃんとしたルールの方が面白く遊べました。


ダンジョンファイター


20130608_07.jpg


ダンジョンファイターダンジョンファイター
()
不明

商品詳細を見る


だいたい毎回、これだけはやろうと決めるゲームがあるんですが、今回はこのダンジョンファイターがそれ。
おなじみのドラクエのダンジョンみたいな設定で、ボス目指して進んでいく協力ゲームですが、敵との戦闘が面白くて、ダイスを投げて攻撃します。

真ん中のギャートルズ柄のカーリング、もしくはダーツみたいなボードに、奇妙な投げ方でダイスを投げ込むという戦いです。鼻先で投げ込むノーズショットや机の下から投げ込むアンダーザテーブルショットなど。ネーミングもかっちょよくて何とも素晴らしい響きです。もう欲しくて欲しくてしょうがないゲームでした。

コレ1ゲームで喉枯れました。はしゃぎすぎたと思います自分が。

ZERO


pic623690_t.jpg


引いたカードの数字をそろえてゼロにするというゲーム。色がそろうとゼロになり、和でもゼロ。
やった時は印象薄かったのですが、後でじわじわきてます。ちょっと欲しいかもしれません。
時間つなぎでやってたので、またやりたいです。オモロい気がします。


コンプレックス人狼

記憶が不確かなのですが本当に最初にやったのこれだったと思われます。
ウメイさんに「ちょっとこれやりましょう」と誘われ参加。狼と人にわかれる人狼タイプのゲームですが、人狼は人を食うのではなくて、「コンプレックス」カードを人のプレイヤーに置くというもの。最初に人プレイヤーがろくな事が書いていない自分の「コンプレックスカード」を自分で選ぶのですが、それを誰にもわからないように全部混ぜて、目を伏せたところで人狼が人の性格を考えつつ、こいつはたぶんこのコンプレックスだろうとカードを各プレイヤーに置いていきます。置いたら目を開けて、合っているかどうか自己申告。その後で全員で相談。誰が狼プレイヤーを当てたら人側の勝ち、外せば人狼の勝ちです。

というわけで、私は人プレイヤーで開始。僕に突きつけられた「コンプレックス」は「漢字が書けない」
ん、漢字が書けない?まじかー!誰やコラー!これ置いたん!
こう見えても小説家なんやぞー!(今んとこプロではないが。。)

だからー、僕が選んだのは「ロ●●ン」やったのに!(説明すると長くなりますが、本当にロ●●ンで、耽溺しているわけでなくそういう気がひょっとしたらあるかもしれないという、一般的かつソフトな感じのものなので、くれぐれも誤解のないように。田中美佐子が好きなんですといえば多少わかってもらえますか?この感じ。)だから、漢字かけるねんと憤りましたが、少なくとも僕は「雑」に見えず、「友達は少ない」わけでもなく「滑舌悪い」でもないらしいです。でも、よく考えると実は全部あてはまりそうなのであまり深く考えないようにします。


他にも色々とプレイされてました。ゲーム名すらわからないのもちらほらですが、手元にあった写真で紹介しておきましょう。

「街コロ」です。和ものですがカードがきれいですね。もう洋モノと比べて見劣りしないです。
20130608_09.jpg

字が多いカードゲーム。ゲーム名不明です。
20130608_08.jpg

スコットランドヤード マイラブゲームです。
20130608_06.jpg

キングオブトーキョー 自分でリクエストしたのに参加できなかったという。
20130608_04.jpg

ボーナンザの何か 種類ですぎ(笑
20130608_03.jpg

永遠の苦手ゲーム カタンの開拓者たち
20130608_02.jpg

これめっちゃ面白そうだったのに、ゲーム名を聞き忘れた(泣
20130608_05.jpg


で、恒例のオープン会YBC2回目の私の反省です。

・早々に(15:00ぐらい)エネルギー切れて、仕切りを途中でUmeiさんやTomooさんに丸投げ。どうもありがとう。
・ビールとかは集まった段階で飲む人挙手、みんなでお金集めて買った方がよかった。
・書いたように卓数を甘く見積もりすぎ。3卓でいけんるんじゃ→5卓必要だった。
・主催者は長いゲームしたらダメだわ。

とまあこういった反省点はありますが、前回よりもがっつりゲームしたという充足感がありました。
夕方ぐらいの、休憩兼ねた飲み会的な雑談タイムも楽しかったし、個人的には大変満足です。開催してよかったです。

そして、好評そうなので3回目もやる気を出しています。というかやります。

ちなみに、個人的に充電が必要なので、隔月ぐらいでできたら良いかなと。
たぶん7月末~8月頭ぐらいにやりたいですね。

楽しかったーという方、ぜひ次回もご参加よろしくお願いします。

スポンサーサイト

ボードゲーム雑談

忙しくてバタバタしてたため、更新うっかり1月放置してましたが、立派に活動しています。

今日は、本当にブログっぽい最近の個人ボドゲ箇条書きです。

その1:Spielboxの雑誌を毎月取り寄せてるが、付録が抜けていたのでリクエストしたらすぐ送ってくれた。サンキュー Barbara!

その2:久々にドイツ便頼んだ。重量課金になってて悲しかった。円安も悲しかった。

その3:あさってボドゲ会なのに、まだ準備してない!頑張れ僕

その4:先日、とある人にボドゲの話をしたら、初めて「ボドゲねぇ」から始まる嫌みを言われた。最近ボドゲの話をするといつも評判がよかったのでマニアックであるというジャンルなんだという初心に帰った。

その5:6月8日(土)はYBCボドゲ会です。13時〜ですよ。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。