2013年09月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

第4回YBCオープンボードーゲーム会開催日時のお知らせ

第4回YBCオープンボードゲーム会の日時が決まりましたので、四たび告知します。

wxdi5ig4.jpg


場所は、前回と同じくヤマザキの名の通り「山崎」の地です。
日時は10月26日(土)です。場所も同じく島本町第2コミュニティーセンターです。

日時:10月26日(土)13:00~20:30ぐらい(21時完全撤収)
場所:島本町第2コミュニティーセンター(小さな公民館です)2階 和室。
   ※都合により14時ぐらいまで隣の会議室→それから和室になるかも。
会費:200円
   ※お茶程度は用意しますが、何か食べたい人は各自で持参ください。
   ※アルコールを飲む人は、別途買い出しに行くか持参ください。
定員:25名まで(※場所の限界人数です。たぶんこんなに来ないと思いますが念のため制限します)

※室内は飲食自由です。
※建物は完全禁煙です。(タバコを吸う場合は敷地外で)
※専用駐車場はありませんので、公共の乗り物でお越し下さい。
※主催者が基本1名なので、小さなお子様の対応はできません。
※近くにスーパーフレスコ・ファミリーマートがあります。
※さらにかぎ卯というおいしいうどん屋さんがあります(オススメ)

場所について

島本町第2コミュニティーセンターは、ユニライフ山崎というマンションのすぐ隣にあります。
行き方はJR山崎駅から徒歩10分程度、阪急大山崎駅から徒歩13分程度です。

075-962-2087
大阪府三島郡島本町山崎三丁目2番5号


大きな地図で見る

続いていつもの趣旨宣言です。

ヤマザキボードゲームクラブは、クラブと言いながらも、基本的に「のんびり遊ぶ」というスタンスのボドゲ会です。さらに、主催のkazunkirはものすごいゲーマーではありません(かつやや、ルーズ)ので、ボドゲは楽しく冗談言いながら遊ぶことを前提にしています。そういうわけで初心者はもちろんウエルカムです。

会場は車が使えず、若干不便ですが、参加してもいいよと思う方はこの投稿にコメントくださるか、facebookに書き込んでいただくか、yamazakilove@hotmail.co.jpまでメールをください。

追記:10月22日現在、まだまだ募集中です。


よろしくお願いします。
スポンサーサイト

第31回YBCレポ

第31回YBCレポをお送ります。

先月の8月より続く、なんか忙しいぞ攻撃とマイサンの絵本読んで読んで攻撃に悩まされているこのごろ、第31回YBCがこそっと行われました。無鉄砲独立をしたkaorinとダンクかましているAAP、夏は北海道ですよねコンビは、タイミングがあわずお休みで、今回の参加者はMorry夫妻とPuoのみでした。ということでお気楽ムード。ご飯も近所の恒例のかぎ卯でいいか!ってことで準備せず。楽。

しかも、前は狩りにでかけたmorry氏が、今度は宇宙世紀に2日間ほど行くらしいので、夕方までの会となり、遊んだのは2ゲームのみでした。

花火


CIMG8363.jpg

HANABI (花火) 多言語版HANABI (花火) 多言語版
(2013/07/04)
ホビージャパン

商品詳細を見る


今年のドイツ年間ゲーム大賞をやってみることに。カードゲーム初の大賞受賞ということで、期待半分、不安半分でどんなもんかなと思っていたらなかなかどうしておもしろいじゃない。自分の持っているカードは見えないというインディアンポーカーの改良版みたいなゲームですが、結構おもろいです。カード出すときに力が入るのが花火打ち上げというテーマとばっちりあっています。

ただこのゲームで、もう一つだなと思うのは協力ゲームなことぐらい(笑。という全否定しときます。どういうルールになるかはあれですが、花火打ち上げ対決みたいにしてくれた方が好みです。それでも、近年エキスパート賞とか区別がつきにくい賞が増えて迷走気味のドイツ年間ゲーム大賞ですが、今年花火が受賞したことは悪くないと思います。「ということはぁ」「ですよね」といった台詞が連発します。空気読んでいきましょう。

レースフォーザギャラクシー


IMG_2405.jpg
レース・フォー・ザ・ギャラクシー (日本語版)レース・フォー・ザ・ギャラクシー (日本語版)
(2010/10/03)
ホビージャパン

商品詳細を見る


前回のオープン会で来てくれたトリックプレイのUmeiさんが持ってきた「サンファン」のスマートなルールにハートわしづかみにされて、ついに覚悟を決めました。宇宙に旅立つことにしました。というわけでルールが煩雑すぎで有名な「サンファン」パワーアップ版ともいえる「レース・フォー・ザ・ギャラクシー」です。

開封したカードをみて、絵柄の情報量の多さにげんなりしつつも、なんとか踏みとどまりルール読破。あちこちのサイトでとにかくこのゲームをするなら10回以上やってなんぼ。みたいなことを書いていたのでそれなりに覚悟してやりました。1回目は勝負もなにもあったもんでなく、カードをだだ見せ、人のをだだ見。ひたすら探査とか、あれこれ本当は制圧できひんやんとかルール間違い倒してました。それでも覚悟していたためストレスも感じずとりあえずこの日は2回プレイ。もしプエルトリコやったことなかったらもっと手こずっていたはずです。それでもあ、これは!という印象を持って遊べました。あと8回はやりたいです。
「漢字多いから、いややなー」というのはPuo。あわないんでしょう文字と絵柄が・・・。


ひとりで遊ぶ、ボドゲルーキーの息子画像。

IMG_2399.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。