スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

第13回YBCレポ

第13回 YBCレポ

今回は、Mame家での最後の開催である、Mame家は湿気がすごいことで名高かったのだが、ついに彼女は引っ越す決意をしたらしく、この家ともさよならである。

もう、壁から湧き水のようにでてくる水や、飛び越えなければ、外にたどり着けない玄関の水溜りを見る事ができないとなると寂しくなる。壁が滝のような汗をじゃんじゃんかいているという様相は、おそらく熱帯の南国でもそう見られない光景だろう。

そうわけで今回は懐かしさを込めて、1回やったことのあるゲーム会になりました。

ストラスブール



stras080603.jpg

ゲームジャパン特選ボードゲーム ストラスブール(Strasbourg) 日本語訳ルール付属ゲームジャパン特選ボードゲーム ストラスブール(Strasbourg) 日本語訳ルール付属
()
Pegasus Spiele

商品詳細を見る


ドイツエキスパート賞にノミネートされたストラスブール、手番を争うカードの競りと、陣地取りが組合わさった、見通しの良いきれいなゲーム。基本的に直接的な攻撃や妨害は発生しないのに、プレイヤー同士の絡みはわりと濃いという好きなタイプのゲーム。

議会選挙を狙っていくか、ミッションカード(宿題)をこなすのを主眼に置くかで戦略が決まる。
配られたカードを見て、今回はミッション優先でゲーム開始。僕のミッションは、

・建物の横に人を2人以上配置する。が3枚
・斜めに人を3つ置くが1枚
・壁にそって6人以上置くが1枚

だった。これを仕上げれば勝てるだろうと思ったので、人気のなさそうな競りで勝ち、人をてきぱきと置いていく。
が、斜めと壁にそっての宿題はクリアしたものの、建物の横に2人以上という箇所でPuoの緑に妨害にあう。どうも宿題がかぶってたらしい。

宿題は4枚達成したが、疎かにしていた教会の配置で遅れを取った。
「これ得意ー」の発言とともにPuoが勝利。

えーとmameは・・。

kazun 61 puo 68 mame 31


大聖堂



casedral0806.jpg

大聖堂大聖堂
()
メビウス

商品詳細を見る


やるたびにじわじわと評価が高まってきた大聖堂。
最初にやったときは、ルール多すぎてめんどくさい。ごちゃごちゃしてる。2時間はかかる。最終的に眠いという印象だったが、
今や好きすぎて、もっとややこしくてもいいぐらいだ。時々はこの中を意味なく開けたくなる。ゲームラブ症状。これなら拡張が欲しくなってきた。

以前と比べて、ちゃんと勝ち筋が見えてるのが大きい。
特に職人のカードをある程度把握してからが、俄然面白くなる。
資源のやりくりがうまくなって、より効率の良い名誉点の取り方ができるようになるからだ。

その辺、同じ行動を何ラウンドか繰り返して、職人を集め、名誉点を増やしてく様は、大好きなサンペテに近いものがある。
さらに、もっとそっくりなストーンエイジと比較されるけど、僕はこの大聖堂の方が好み。ストーンエイジはサイコロが面倒くさい。

というわけで、最近、自分が好きなゲームの傾向が見えてきた気がする

・だいたい1時間で終わる
・サイコロはあんまり使わない
・拡大再生産
・交渉はなし
・テーマが渋い

これは全て大聖堂に当てはまっている。
好きにならないわけがない。

勝負は楽勝ムードだったのだが、教会を訪問を連続で食い止められて追い上げをくらう。

なんとか、僕のぎりぎりの逃げ切りだった。
どうも今日調子いい、Puoいわく「今、世界に入り込んでた」とのこと。

僕もそんな気分だった。物語性重視なら、まさにこのゲーム。
かなり入り込めます。

kazun 58 puo 57 mame 51

casedral080602.jpg
最終ラウンドの美しい職人づかいの図。資源の配分がきれいに決まったので、記念画像

トリックマイスター



trick0806.jpg

トリックマイスター(Stich-Meister)トリックマイスター(Stich-Meister)
()
アミーゴ(ドイツ)

商品詳細を見る

msako先生が来たので、4人になり、ここでトリックマイスターをする。

msako先生は初対面。リアル漫画家であり、その特徴を活かしたMシアターというイベントの話をしてくれた。
Mシアターとは、劇場などで見てきた映画を口と体を使って、Msako先生が一人で演じきるもので、これまでロッキーであるとか、ランボー4であるとか数々のプログラムを行ってきたらしい。最新作としては、トランスフォーマとのこと。本当に2時間近くかけてやったらしい。

また、迫力の、擬音Mサウンドというものもあり、ちょっとやってもらったが、無表情な顔からほとばしる爆発力のある擬音は、一見の価値があるだろう。僕の目にも一瞬スタローンの姿が見えた。

それほどすごいのだが、場面転換はたいてい「一方そのころ」という言うだけらしい。
次回は「クリフハンガー」を計画中とのことで、ちょっと見てみたい。

で、マイスター。トリックテイクのルールが毎回変わり、爽快感のかけらもない、人をおちょくったようなこのゲームは僕のリクエスト。
勝ち負けを意識すると、ままならないストレスでたぶん頭がパンクすると思います。

これおもろいねんなー。

kazun 65 puo 40 mame 60 msako 89

ロンドン



london0806.jpg

今年の、今のところベストワンゲームのロンドンをやる。

やりながら、どこが面白いのだろう、と考えてた。
宮殿とかホワイトホールとか自分の好きな建物とかカードを集めて、活躍させるという点が、気持いいんじゃないだろうか。遊戯王とかでなくて、ロンドンの建物というのがポイント。テーマってのはが大事なんですよ。

なんどやっても、借金したり、カードをためたりとじりじりとした地味な感じと、カード活性化の一瞬の対比がなかなか素晴らしい。
がまんして、がまんしてどん。みたいな、サッカーでゴールが決まったような気持ちよさがある。

ちなみに、今回貧困の処理に失敗して、プレイ6回目にして初めて負けた。
かなり悔しいので再戦希望。

kazun 30 puo 36 mame 28 msako 20

stras080602.jpg

夜ご飯にMame作成のやきそば食べながらの、msako先生とのトーク後。

残った3人で、最後にもう一度ストラスブール。
全員コツが分かってきたので、接戦になる。

今回は、議会を意識してプレイしていたけど、
Puoに宿題をやりきられてしまって、またしてもPuoに負け。
ほんまに得意やねんなコレ。

kazun 66 puo 69 mame 56

しかし、今日はPuoが強かった。
恋愛に悩んでいた頃のMorry氏並みに強かった。

prize0806.jpg
恒例のMVPの授賞式。リボン増えてます。


次は、Mameの新居祝い会の予定。
次回はたぶん9月3日とか4日とかで開催です。

関連記事
おつかれさまでした~

さよなら湿気ハウス大会、まったりして楽しかったです~。

ゲーム、やはり2回目、3回目のたのしさがありますな。
わたしは、拡大再生産(借金スタート)、地図、テーマはアイスクリームとかユニパシ、現代芸術みたいな、のんきなのが好きみたいです。
考えるの楽しい。それにしても弱いな私。

湿気ハウスは引っ越しの準備が始まり、蒸し暑さが相まって軽い地獄です。
新居では、Mシアターはもちろん、Kazunkirアワーもよろしくです。来月楽しみにしていますねー。

2011.08.10 11:48 mamemotti #- URL[EDIT]

お疲れ様でした。

こじんまりと、だらだらゲームするのも中々良いね。
ゲームやりだした、最初の頃を思い出したてました。

ともあれ、湿気ハウスはたぶん一生忘れないと思います。
でも、次のところも湿気ハウスだったりして、
そんなオチに期待。

Mシアター、今度は僕も視聴者?として呼んでください。
僕も、kazunkirアワーを、なんか考えときます。

2011.08.11 15:30 kazunkir #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。