スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

大阪ゲームマーケット2012レポ、あるいは前後の心持ちがどうだったかの話

gmo2012_01.jpg


前回の、YBCでの会話。
「来月の3月4日なんやけど、大阪でゲームマーケットというものがあるらしくて」と僕。みんなはお菓子を食べている。ゲームの間のおやつタイムでリラックスムード。
「その、なんていうか、そこでは自作のゲームを作って販売したり、輸入もののゲームを安く売ってたりするんだよ。ゲーム好きなひとや団体が場所を借りきって、集まって行うイベントなんだ」
「それって、フリーマーケットみたいな感じで?」と質問が飛ぶ。
「そう、そんな感じかな、今までは東京だけでやってて、大阪は初らしい。入場料もとるんよ」
「300円ぐらい?」
「いや、800円だ」
「ふーん、高いな」
「だから、なんていうか、一応聞くけど、君らは行きたいと思うかね」
沈黙。
「んーどうだろう」
「用事あるしなー」
「会長は行ってきたらいいんじゃない、やっぱり」会長というは僕のこと。
「個人的には乗り気でないんだよね。一応、言うだけいったから役目は果たしたよね、なんの役目かは不明だけど、言うだけ言ったからもういいよね」


だいたい3月入るまでのテンションはこの程度。僕には、数々の苦手なものがあるが、その一つが並ぶこと。4人以上並んでるともう別のところに行きたくなる。それから、楽しいふりをすることも苦手。楽しさを演出しているような場所がダメ。そういうわけで、コンサートと名のつくものはことごとく苦手。それから同じ理由でマーケットもだめなのだ。

上がらないテンションのまま、行くことに決める。行くと決めたのに憂鬱なのがよくわからないが。ひとまず最悪はなんだろうと想定する。そしてわかったのは、僕が最も恐れていることは人がめっちゃ少ないことだった。特設サイトを見ると、60ブースぐらいあるらしく、それなら、おそらくスタッフは売り子含めて150人ぐらいだろう、その中で客がもし、80人とかだったらどうするか?

それだと客一人につきスタッフ一人つきそいでも余る。緊張感が半端じゃない。震えが来る。かつて、梅田の餃子スタジアムでの体験が頭をよぎる。客は僕のいるグループ3人とあとはカップル2組ぐらい。とりかこむように店の数15。ありえん客の少なさ。注文しなくても持ってきてくれるという状態。縁日を模した店舗なのに。

それが頭をよぎって不安になる。150人のスタッフの目が僕の一挙一同をみつめ、僕の行動にチェックいれる。それを想像して怯むが、前日の3月3日になってようやく開き直る。それならそれでかまわないじゃないかと考える。マーケットの中央に王様椅子を置き、どーんと座って各ブースごとにもってこさせよう。王様に謁見する人のような扱いにしてやろう。いや、もう例え1人でもいい!なんなら会場ごと買ってやるぜ!と、気分はそこでマーケット前日に無駄にピークに達した。

PUOにぐだぐだ言わんといってき!と言われて、我に返る。そもそもスタッフといえども、そのままお客さんになるわけだし、素直に、1お客さんとして行くことにする。謙虚に。

4日、並ぶのはどうしてもいやなので、開始時間直前にぴったりにつくように時間を調節する。事前調査でいくつかほしいゲームがあったが、買えないなら買えないで別にいいという気持ちだ。ああ、これなら大丈夫いつもの僕だ。イギリスに行くのに、一冊たりとも観光案内を読まなかった僕だ。即興で楽しむのだ。安心して天満橋に向かう。

 ところで話それるが、大阪という場所は、ほかの地域に住む人からはおそらく一つの場所、ひとつの共同体と考えられていると思うが、実はそうじゃない。ハッシーで話題の大阪市だけでなく、各市ごとに特色が当然あり、大阪弁の使い方もリズムもそれぞれ微妙に違う。そして、人の行動範囲は北と南にきっちりわかれている。北の人間の行動範囲は、最南端が実は梅田なのである。用事か仕事がないかぎりそれ以南には、めったに行かない。はっきりいって別の府である。逆に南の人は北までこないだろう。めったに。もっと細かく区切ることができるだろうが、大阪ってだいたい国が二つあると思ってもらった方がいい気がする。北の人間は梅田以南より、京都や神戸のほうが、ずっとなじみがある。カーネーションとだんじりで有名な南の岸和田なんて、行ったことない人のほうが多いだろ。そう、そしてこの天満橋というのは南の領域なのだ。というわけで、大阪暦30年以上のぼくにとってもこの会場の天満橋というのは、初めての降りる駅で、かつ場所であったわけなのだ。

 会場のビルに到着し、地下からエスカレーターで2階に向かうと、何名かに、横をダッシュで追い抜かれる。髪の乱れ方からして寝坊だろうな(違。僕はのんびり年輩の老夫妻が上にあがっている後ろにつける。テンションやっぱりひくい。2階につくと、前方から人々のざわめきが聞こえてくる。老夫妻も参加するのかとおもいきや、インテリア系のイベントやベビー製品のイベントも同じフロアでやっているのでそっちに行くみたいだ。その向こうにひときわ熱気のある人々が見える。さらにオレンジ色のハッピが見える、ああたぶんスタッフだろう。

gmo2012_11.jpg

彼らに、先にパンフを買ってくれと言われる。そして並んでほしいと。そうして誘導されて、別の部屋の並ぶ場所に案内されるが、見事に誰もいない。ビニールで通路が造られているがもう誰もいない。ちょうど人の誘導がおわったとこらしく、からっぽだった。僕を誘導してくれた係員は目を泳がせていた、あんま目をあわしてくれなかった。とりあえずおもしろかったので、このアートを写真を撮った。これを見れば僕の寂しさを共有できると思う。

gmo2012_10.jpg

焦りながら会場に入るとあかん、前方にもう人垣ができている。あぁこれはバーゲンの雰囲気そっくりだ。80人とか言ってたの誰だ!ほんま!500人ぐらいいそう。すでに暖房いらないぐらいに暑い。もはや完全に乗り遅れたな感があるも、とりあえず会場を一周することにした。人の間をぬってうろうろするが、いかんせん通路がせまい。人をかきわけ、人の壁が各地で出現している、人気のところでは早速売り消れの声もきこえてくる。ちょっとほしいものもあったので残念だが、人気あるならまた作ってくれるよね。

会場を2週ほどして、だいぶ慣れてきたので、目立つ豚の鼻マークのオインクゲームに行く、店員さんがなにげにかわいいパーカー着てる。新作ですよーとの「卑怯なこうもり」を購入。しかし、後ろから人がきて落ち着いて見てられない状態、本当はゆっくり解説などを聞きたいのだが、そんな余裕はない。人の圧力がある。その後、いつもブログ拝見してますの「遊星からのフリーキック」さんに行き、「ジーピー」で海カタン出るんだを確認し、さらにホビージャパンなどの、なじみのある大手?の店のセールをやっている場所などなどを物色。2割、3割あたりまえという安さ。箱が痛んでいると書いているが、全然大した痛みではない。輸入ボドゲで何度も箱がめり込んだゲームを受け取ってるから、美しいとさえ思えた。
gmo2012_06.jpg

gmo2012_09.jpg



会場をめぐりながら考えていたのは、直接人から買えるのはやっぱりいいなということだ。僕の住む大阪北ではほとんどそういう選択肢がない。購買場所はネットがメインというか、ほぼネットのみ。イエローサブマリンにしても、ちょっと入りにくいし、キウイゲームズさんができたと聞いたが、その場所は、さっき行ったように南の国なのである。北ではない。僕の住む位置からはそこはちょっと距離がある。だから、会場でこれくださいと言うだけで、うれしさがある。袋にいれてもらうだけでこんなに嬉しいものなのかね。涙でそうって、あれ寂しいのか?

そういうわけで、群衆の中の孤独を感じ、さらに暑さで頭がぼうっとするので1時間半程度の滞在で退散することにした。もっと余裕があれば、ゆっくり日本発ゲームを試して買いあさったかもしれないがちょっと人ごみで限界。熱気あるなか、最後に空気読まない感じで涼しげな「チケットトゥライドの北欧」が異様に安かったので買って帰った。

全く地に足がつかなかったので、来年行くかどうかはわからないけれど、行くなら次はもう少し考えていくと思う。本当は買うのもいいけど、その場で遊んでみたいと思うので、そういうスペースが増えてるのが前提で、昼を回ってから行ったほうがいいのかもしれない。せっかく行くのだから、やっぱり遊んでみたいと思う。フリースペースみたいなものが増えればいいのに。

戦利品は3作と袋。おまけの袋がうれしい、袋のサイズがちょうどいいので、汚れてしまったサリースコットの袋に変えて、弁当入れとして使うことにした。今日の5日、ちょうどこれ書いてる今日だが、その弁当袋をさげて夜道を歩いて帰る途中、家の近くの踏切で昨日買ったゲームのことを考えた。内容だけではない別の思い入れを持てた気がして嬉しかった。きっと大事にしよう。

gmo2012_12.jpg

gmo2012_13.jpg


最後に会場写真いくつか

gmo2012_08.jpg

gmo2012_07.jpg

gmo2012_04.jpg

gmo2012_05.jpg


gmo2012_03.jpg
関連記事
さすが部長!

行きましたか!
おつかれさまでした!

北欧のチケライ、次回YBCで是非!
お茶飲みながら,詳しくお話聴かせてくださいね~。

「北と南は違う国」というくだりに、大きくうなずくこと限りなし。ほんと、難波や心斎橋よりも京都やいっそのこと東京の方が心の距離は近いし,実際よく行く。

2012.03.08 22:26 AAP #- URL[EDIT]
行ってきたとも

行きましたよ。ちゃんと。
でも、あんなに人が多いとは思わなかったよ。
そしてビルがあんなデカイとも思ってなかった。
あの調子だと来年もありそうな気がする。
運営もしっかりしてたと思う。

最初はPUOも誘ったけど、連れていかんでよかったと思う。
身重じゃあれは無理だったわ。

買った北欧チケライはカードとかボードの出来がかなり良くて、あけた瞬間に、結構ときめいた。次回是非やりましょう。

ちなみに、大阪の北と南の人の感じもちょっと違うよね、何となく。そしてたぶんお互い「うちらの方が大阪」と思ってそうではある。




2012.03.09 20:12 kazunkir #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。