スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

第23回 YBCレポ

第23回YBCレポをお送りします。
本当は先月やるつもりだった第23回7月会は、人生イベント発生のため中止にしました。
なんとか毎月YBCをやってましたが始めて中止にしました・・。

なるまでもそうだったし、この日もそうで、分娩台で立ち会って、父親なった瞬間(子が生まれた瞬間)に至っても感慨というのが全くわかなかった。こんなんで俺大丈夫かな?と思っていたら、「だっこ」した瞬間にね。
目を見てこの子は自分の子だ。ということがはっきりわかりました。そういうもん見たいです。

その後、父親になったということは、どういうことなんだろうと色々考えました。その中の一つが、「今後、子供用ゲームをおおっぴらに買っても咎められない。むしろ子供を大事にする親として褒められるかもしれない」というものです。こりゃ楽しみだ。

というわけで、ベイビーを披露する出産おめでとうYBCを速攻開催。

ybc_20120819_1.jpg
みんなにかわいがってもらえてるの図

AAP、morry、non、puo、kazun maaが参加です。

ビブリオス


ybc_20120819_2.jpg


ビブリオス 日本語版ビブリオス 日本語版
(2012/05/31)
ホビージャパン

商品詳細を見る


面白いと評判で、かつ日本語版が出たので購入したビブリオス。
今回、初めてゲームをヨドバシカメラで購入してきました。大阪の梅田にあるヨドバシカメラでは、いつの間にかボードゲーム売り場が拡充されているの知ってました?4階の全店舗中の最奥ですが、メビウス系とホビージャパンとアークライトの出している日本語版が結構売っていました。

で、ビブリオスですが、スマートなルールが秀逸。プレイヤーは修道院長になって聖なる書や冒涜的な禁書の蔵書を他の修道院長たちと収集を競うゲームですが、中央に置かれたサイコロを全員で取り合います。サイコロの目は得点を表していて、一度も投げられません。カードを自分に1枚、他のプレイヤーに1枚づつ、そして競り用に1枚というセットを順番に分配していき、すべて配り終えると、競り用のカードを手持ちのカードを使って競り落としていきます。そして最後に手持ちのそれぞれの色のカードに書かれた数字の総和が、多い人がサイコロを獲得できる。ざっくりいうとこういうゲーム。

で、やってみるとこれがかなり淡々と進んでしまう。あれ?という感じ。カウンティングみたいなことをして、相手のカードも覚えていくようなプレイをした方がいいんだろうけど、その前にどの色をを集めるかとう方向性が、分配の数巡までまったく持てません。
後で変化していくものの、最初は得点が全部3点(サイコロの目)なので、特にどれっていうのが決めづらい。カードを引いた流れで、じゃこれあつめてみっかっていう程度。わりと作業感あり。さらに他のプレイヤーにも絡んでいきたいところだけど、他のカードに手をだすほど余裕がないので、思いのほか駆け引きが発生しない。3人でやった後でもう1回、4人でやってみたけれど、同じ印象のまま。分配後の競りになると、面白さが出てきていいかなという感じには多少なるが、自分が勝負できるカードの色がだいたい決まっているうえに、競りのつり上げも、欲しくないのがバレバレ(ある程度誰がどのカードほしがってるかわかるため)なので盛り上がらない。正直、評価の高さがわからないゲームだった。カードの枚数などを把握できていたらもっと面白いかもしれませんが・・。ルール読んでいる時は、これはエレガントでクール!という感じだったのに、くせがないゲームという印象しかもてず。残念。

いかさまゴキブリ


ybc_20120819_4.jpg


いかさまゴキブリ(Mogel Motte)いかさまゴキブリ(Mogel Motte)
()
Drei Magier

商品詳細を見る


正直、今日はこれやるために皆に来てもらったと思っていたゲーム。

発売後ネットでレビューなんかを見ると「いかさましていい」ゲームとのこと。
なにそれ!と、そんなん買うに決まってるやんと、購入。ルール読んでこれはバカだなと重ねて納得。カード手品の動画なんかを見つつイメトレしてこの日を迎える。
ルールは、場にでてるカードの数字の上か下(2なら3か4が出せる)を出していき手札が全部なくなった時点で終了。カードの中には誰かにカードを1枚渡せるゴキカードとか、全員1枚引かないといけない蟻カード、出たら手でたたかないといけない蚊カードなどのアクションカードもあるけれど、これだけだと、なんてことないつまらんゲームにすぎない。だから「いかさま」となる。

いかさまとは、プレイ中どんな方法でもいいから「カードを手札からなくして良い」という素敵ルール。カードをぶん投げたり、こっそり下におとしたり、シャツに入れたり物の下にいれたりと何でも良い。ただし一人が番人となってみはり、現行犯で指摘したら見つかった人が番人交代というゲーム。番人はいかさまできない。

やっていると、結構、カードが音をたてるので、みつかってしまう。テーブルでプレイしてたので基本戦略は親指ではじいて、ズボンの上に落とすというのをやっていたけど、「パサッ」とか音が出てバレバレ。途中で長ズボンに履き替えようと真剣に考えるぐらい音がでる。それでも、そしらにふりして各自「パサッ」をやり続けていると、
横でソファで休みながらルール知らずに見ていたmaaに「Morryy、カード落としたよ」とか言われて爆笑。「いや、これそういうゲームだから」と説明するが、「それどんなゲームやねん」とつっこみ。

その後、いかさまフェイクが流行り、これがやっかいで何度もひっかかった。(間違って申告すると1枚ペナルティ)日頃使わない変な感情を使う面白さがありました。ルールでは5人用までとなっているけれど、カード枚数を調整すれば6−7人ぐらいなら同時にできると思われます。

ybc_20120819_5.jpg


世界の7不思議



ybc_20120819_10.jpg
「世界の七不思議」日本語版「世界の七不思議」日本語版
(2011/07/16)
ホビージャパン

商品詳細を見る


Morry氏のリクエストにより、世界の七不思議をやる。かれこれ50回ぐらいはやってると思うのだけれど、いまだにさつぱり勝ち方がわからない。とはいえ馴染みの店に来た落ち着き感がある。たまーに猛烈にやりたくなる。拡張の「シティ」買うか悩み中。

マンハッタン


ybc_20120819_9.jpg


マンハッタンマンハッタン
()
Hans im Glueck

商品詳細を見る


未だ無敗を誇るマンハッタンを出す。無敗といっても、信じられないゲームセンスを持つAAPと数学と鬼Morryと同時に対戦したことはない。だから今日が僕のマンハッタン力を試す日となった。

長考も含めて、かなりの消耗を覚悟せねばならないと思っていた。
しかし、僕や彼らが見逃していたのは対面のプレイヤーNonの存在である。Nonのゲーム歴は浅く、根は知らないが、そんなに勝ちにこだわりを見せていないプレイヤーである。常にマイペースプレイで、この日もNonは2ラウンドあたりで脱落しはじめた。他の人と10点ぐらの差が開いていた。だから予想通りAAPとMorryと僕の3どもえになった。そこから3人のつぶしあい開始になり、緊迫したビル積み上げが応酬されていく。

しかし、4ラウンド目でようやく2人を押さえて抜け出したはずの僕の得点が、完全にノーマークだったNonにせまられる。Nonの各地のビルが得点をどんどん稼いでいき、すいすい追い上げ、最終のシカゴの得点計算で同点に並ばれるということに。AAPとMorryを押さえられたので、勝利を確信していた僕は呆然となった。2人に負けはしなかったが、頭かかえるほどにやられた感がかなりのものだった。なめててすいませんという感じ。

プエルトリコ


ybc_20120819_6.jpg


プエルトリコプエルトリコ
()
alea

商品詳細を見る


この日、最後にマイブームになりつつあるプエルトリコをやる。やっとこさこのゲームの面白さがわかったので、もう夢中。マイボード中心のゲームでありながら絡みが濃密。ほんと傑作ゲームといえます。

今度も本気でやってたのに、Nonの勢いが止まらず。結果を言うと、kazun 34 AAP 36 Non 46 Morry 35でNonがぶっちぎりで勝利。私いつも通りに完敗ベベ。Nonが建物の農地を取得して第一次産業、もろこし出荷作戦で得点をあらかせぎしているのに、対抗して建物建てまくるも、数ターン分は軽くおよばず。ベベ

そういわけで、MVPはnonが初受賞です。
「素直な気持でプレイしました」という受賞コメントに、いつぞやの高校生メダリストみたいで心が洗われました。
例によってトロフィー授与。すいませんが、それはまた次回持ってきてください。

ybc_20120819_11.jpg

恒例のお食事。この日、僕がうまくいったのはこの豚丼の料理だけだ。
ybc_20120819_3.jpg


次回は9月16日を予定しています。





関連記事
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.09.13 10:45 # [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

第23回YBCレポをお送りします。本当は先月やるつもりだった第23回7月会は、人生イベント発生のため中止

2012.11.21 01:04 まっとめBLOG速報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。