スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

バレンタインABCレポ 

クリスマスに引き続き、バレンタインABC(アトリエ・ボードゲーム・クラブ)が開催されることになり、
再びアトリエ・ログハウスに出かける。ログハウスに最初に訪問したのが、3年ぐらい前なので、もはやおなじみの場所になりつつある。

前回のクリスマスABCでの自分イメージは桂三枝だったが、今回はなぜかユースケサンタマリアのイメージである。
これは僕だけの心構えなので、おそらくその違いは外からは全く判別できないに違いない。

で、アトリエ・ログハウスは箕面の滝のある箕面。箕面駅へと続く、阪急箕面線の桜井駅にある。

CIMG7946.jpg

行き方は、梅田から宝塚線へ阪急石橋駅で乗り換えて、一駅のるだけの桜井駅が最寄り。その桜井駅のホームに降りるとホームから、いきなりアトリエが見えるのだが、実際にアトリエに行くには、反対側の改札から出て、駅前のプチロータリ側を歩き、商店街を通り抜けて、踏切を渡って、さらにぐるっとまわりこまなければならない。荷物持ちとしては、ホームから直接はしごなんかがあって、降りたら到着だったらいいのにと、いつも思う。しかも、アトリエに行く途中に、楽しみで毎回立ち寄っていたDONUTS DEPTという、おいしいドーナツ屋さんも箕面の牧落へ移転してしまったので、なおさら思ってしまう。

CIMG7948.jpg

で、今回のゲーム会なんですが、前もって参加人数を聞くと、またしても20人ぐらい来そうと言われる。アトリエでの会は、ABC(アトリエ・ボードゲーム・クラブ)という名であるのに、ボードのゲームを全くやらなかったので、今度こそはとボードゲームも仕込むことに。で持っていったゲームがこれ。

CIMG7950.jpg

で、今回も持っていったゲームの箱が、でかければでかいほどやらないという法則を更新。またしてもボードゲームはいっこもやりませんでした。同時に2カ所以上のインストは無理です。もう持っていかなくていいかも。

ミラーズホロウの人狼



CIMG7952.jpg


ミラーズホロウの人狼:特別版 (The Werewolves of Miller's Hollow: Special Edition)ミラーズホロウの人狼:特別版 (The Werewolves of Miller's Hollow: Special Edition)
()
Lui-Meme

商品詳細を見る


大人数キラーゲームの人狼をまたしてもオープニングにプレイ。
参加者のほとんどが、前回やっているのでGM(ゲームマスター)としての説明もだいぶ楽、さらっとインストしてスタート。それでも、今回初めての方もおられたので、お約束の自己紹介からスタートです。ほんと、こういう初対面orあんまり馴染んでいない会の場では、非常に良いゲームだと思われます。

たぶん、もっと慣れてきたらこの自己紹介から、ゲーム的にかます人が出そうですが、集まっている方々が、アート関連の方々や数学者たちという、どうやったらこの組み合わせ?というメンバーだったので、お互いのやっている事に興味津々で、思いっきり普通に自己紹介になりました。進行役としては、あ、人狼やってたんだよね、という気持ちに戻ってもらうのが難しかったので、初日の朝は、じゃ、もう指名しますか。で先へ先へ。難しいね、GMって。

ゲームの方は、早々にハンターが死亡、ついでに村人巻き添え、さらに占い師も狼を発見した事を伝える前に、3日目で死亡するという、狼側、がぜん有利で展開しつつありましたが、途中で村人がお昼の協議で巻き返し。だんまり作戦をしていた狼を連続で吊るすのに成功、村人側の勝利に終わりました。狼から村人を守った守護者のファインプレイが光った回でした。

GMという立場でゲーム外から見てると、話したくて仕方ないという人と、虎視眈々と誰かをひたすら疑い続けてる人とか、疑われるのでキャラかえて猫かぶる人とか、見てて飽きないゲームです。にやにやしたければGMをやりましょう。

ここで早くも、インターミッション。参加者の方の一人がお寿司をもってきてくれたので、食べることに。
ここで、えーと「連絡先交換してもいいですよ、というかしましょうね」のアナウンスが入る。前回の会はゲームに必死になってて、どうも誰も交換しなかったらしい。いちおうバレンタイン前だし。ほら別にそういうことじゃなくてもね。えへ。ということで。えーと、んじゃもう名札に連絡先書いたらどう?と僕。だって僕は既婚者だから、ほらそういうのないし、つまんないじゃんと思いつつ。ぐっと「ユースケ・サンタマリア」イメージを念じる。すると、どことなく漂うアウエイ感を、シニカルに笑って乗り切りることが可能になる。ちなみに、こういうときの心の支え、連れのPuoと息子は風邪でダウンで今回不参加でした。息子!ー お父さんさみしくても頑張ってるよ!

あとは、2グループにわかれてプレイ。
僕も参加したので例によって画像のみです。人狼の説明が終わった&おいしいお酒たらふく飲んでるので、もう写真とかゲームの説明なんかは勢いまかせの適当です。

ジャングルスピード

CIMG7960.jpg


薔薇と髑髏
CIMG7963.jpg

あと、いかさまゴキブリとかやりましたが、写真取り忘れました。

そして、今回は夕食がかなり充実。チーズフォンデュが投入されます。家で焼いてきてくれたビーフパイとか成城石井のめちゃうまいトマトとか、気がつけばそっと「キャビア」が置かれているとか。
鍋奉行ならぬフォンデュ奉行の号令のもと、先陣きって僕がフォークをソーセージにつきさします。うまいです。

CIMG7972.jpg

パーティぽいねー!パーティーぽいなー!とアトリエのホストのikuちゃんたちとぼそぼそと話します。確かに前より一体感がある。求めていた楽しげな空気がアトリエ内に漂います。それを横目に見ながら今日の僕は誰も気がつかないユースケ・サンタマリアなので、シニカルに気取ってビールをカブのみ。満足げ。

テレスストレーション



CIMG7981.jpg


テレストレーションテレストレーション
()
不明

商品詳細を見る


最後は恒例のテレストレーションを全員で。本来このゲームは8人までなんですが、ペアにしてしまうことで16名まで対応可能、さらに隣り合って座って絵を覗き込むあたりに、非常にラブな感じがでます。3ゲームやって喉かれるほど笑った後で、僕も混ぜてもらってアンコールのもう1回で終了。個人的にやりすぎて飽きつつあるゲームですが、やってみるとやっぱ面白いなってことでまたやってます。ボロボロになってきたので、いつか買い替えが必要かもしれません。

22時越えて、終電が近づいてきてお開きに。前も来てた人が、面白かったのでまた来ましたと言ってくれたのが、実は一番嬉しかった。それでこそボドゲ会のしがいがあるというもの。常日頃ボドゲなんて全くやらなくても、こういう会があれば行くなーという発言多数いただく。本当にいつか爆発的にボドゲが流行る時が来るかもと、潜在的なボドゲ人気をおもいっきり体感しました。というかもう流行っているんですかね?実は?

関連記事

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。