スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

第2回 YBC ボードゲーム大会 レポ

第2回 YBCゲーム大会のレポをお届けする。

第2回といっても実は、毎週のようにゲームやってるので2回目という気は全然しない。でも、何といっても大会はYBCの公式戦の位置づけである。

しかも、ようやくというか、名前を冠している「ヤマザキ」で行われる。
開催中のワールドカップにちなんで言うと「ホーム」にて、彼らを迎え撃つわけである。

だから、まずは「雰囲気作り」からスタートすることにした。

色々面白げな事(Tシャツを作る、トロフィーを作る、ひげをつけてドイツ語しか分からないふりをする)を考ていたが、ちょっと間に合わないので、インヴィテーションカードを作成することにした。
ybc_invitation01.jpg
カリグラフィで文面を書き、シーリング&ワックスでYの字の封ろうする、それから英語を模した思いっきりローマ字の住所で参加者に送付する。

これでポストで受け取る参加者達の妄想も広がるに違いない。
「正装で来る事」という一文を書きわすれたのが悔やまれる。

さらに、木の特製コマ入れ(100円ショップやけど・・。)を準備。
ybc_invitation02.jpg
これで、眠くなった頃の「あれ?このもろこし誰のだっけ」みたいな事は防げる。

今回遊んだゲームは新旧5つのゲーム

参加者は前回と同じくPuo Mamemoti morry そして私だった。
梅雨らしい雨が降ってゲーム日和。ゲームには雨がよく似合う。


倉庫の街



speiche.jpg

倉庫の街(Die Speicherstadt)倉庫の街(Die Speicherstadt)
Eggertspiele
商品詳細を見る


開幕戦は比較的新しめのゲーム「倉庫の街」である。
基本的にボゲビ(ボードゲームビギナー)の僕にしては珍しく、ジャケ買いした。
絵が好み、パーツもボードも色も何もかも好みなので、前情報なしで購入。

季節をラウンドに見立て、徐々に運河に物資を積んだ船が入ってくる演出がとても良い。
値段吊り上げが可能な「セリ」の部分と軽めの「マネジメント」の面白さを兼ね備えた好ゲームだ。思わず顏が綻ぶ。

soukomathi.jpg

が、このゲーム、冬春夏秋と一年間、各季節に必ず倉庫が火事になる。これを防ぐための消防士を手に入れるというのがわりと重要なのだ。なのに、取り逃して一枚も持っていない。最も消防士カードを持っている人は、ポイントを獲得できるのに比べて、最も持ってない人はポイントがマイナスになる。これはとても重要だよと強調してルール説明していたはずなのに自分で買わないってのが、騙したいのか、騙されたいのか良く分からない。そして、火事になる度にマイナスポイントを食らうので、得点はドイゲ人生初のマイナスになるという屈辱をくらう。(青が私。もうすぐ倒産して運河に飛び込み自爆霊と友達になる寸前)このゲーム結構面白かったのだが、その辺釈然としない感じだった。

結果は、効率よく入荷から契約の流れを作ったmamemottiが勝利した。

ゲーム後、倉庫の街のあまりにも、かつかつな貧乏システムとぼろ負け感に気持ちが早くも折れそう(ビールがぶ飲みしそう)になったので、次に予定していたさらにマゾな「ル・アーブル」を引っ込めて、荒野を求めてスペインに皆で行ってみることにした。そう、あの名盤ゲームである。

エルグランデ


elgrande.jpg

エルグランデエルグランデ

メビウス
商品詳細を見る


このゲーム、今のところ個人的にベストゲームである。
盤を広げた瞬間、僕の耳と目にはワルキューレーの高らかな音楽と疾走する馬達が後ろ足で立てる砂煙が見える。イヤッホーという叫びすら聴こえる。

既に何度かプレイしている僕とPuoが大変有利であるが、知っているが故に、お互いつぶしあう羽目になってしまった。絶対勝てる自信があったが、morryとの争奪となった自陣の本拠地奪還こだわりすぎて、他の領土にコマを回せず終始劣勢に陥っていた。

起死回生を狙って最終ターンに、塔にコマを放り込んで、望みを繋ぐが、最後の最後で、今回も外枠から追い上げたmamemottiが1差で勝利。

どうしたん今日、なんかズルしてんちゃうのとか、皆から一斉調査が入るが、そんな事はなく、どうも実力のようだ。いつもなら面白発言と他者をいたわる優しさにボケが加わるが、今日は別の力がある。最近年下にモテルねんなという、あんまり聞いた事ない発言の中にも自信がみなぎっている。

しかしそれだけではない、妙に後光が差してるなと思ったら、彼女はトランプ柄のバンダナを頭に巻いていた。

それか、それやったか。そのバンダナ取ってみいと言おうとしたが、隠していたエルグランデのコマが頭から20個ぐらいばらばら落ちてきたら、本当にどういうコメントしたらいいか分からなくなるので止めといた。まぁそもそもコマ増えてたらあっさりばれるし。仕様的に。


ドミニオン


dominion.jpg

ドミニオン 日本語版ドミニオン 日本語版
(2009/04/10)
ホビージャパン

商品詳細を見る


話題のゲーム。かしこい人達とやったらどうなるだろうと思ってやってみた。
いや、いつもやっている人達がかしこくないって言ってるんじゃない。ほら、計算すごい人いるじゃない、将棋の羽生さんとかと一緒にドミニオンやったらどうなるんだろうとか思わない?

そこにPuoも組み付いてくる。私このゲーム得意なの!ってことらしい。
そう、彼女は確かにこのゲームは得意だ。

彼女のドミニオンの強さは仕掛けの早さにある。ドミニオンは王国カードを利用したアクションが面白いので、ついつい王国カードを取ることに気を取られるが、緑の得点カードを取得しないと勝利点が一ポイントも貰えないのだ。彼女はその緑のカードを取るタイミングが絶妙なのだ。僕みたいに、これ絵柄がつまんないからいらんという判断はしない。クレバーである。

しかし、これもmamemottiが勝利する。Puoの速い仕掛けも魔女に足を取られて不発に終わる。いやまじで、どうしたんMAMEMOTTI!あんたすごいで今日。もう名前を大文字で書くわ。そしてしょぼいで私。

その後、悔しいのでドミニオン連続プレイPuoが意地をみせるが、私は相変わらず勝てない。だんだんナーバスになってくる。非常に切ない。

どうもさみしい気持になってきたので。面白いのだけど、やはり盤がほしいよね、という正論で説得してゲームごと流すことにした。

ナイアガラ


naiagara061402.jpg

ナイアガラナイアガラ
メビウス

商品詳細を見る



あれほど調子よかったMAMEMOTTIさん大乱調の回始まる。MAMEMOTTIさん、このゲームはたくさんカヌーを流すと勝てるのではありませんよ。

彼女は岸ではなく、滝つぼギリが自分の住処といういえるほど、ピンクジュエルめがけて特攻を繰り替えす。僕もその辺りの無謀プレイでは負けたくないのと、お互いに取らせないために、雲行きをなんども怪しくさせ、滝つぼにカヌーを互いに押し流す。きれいにずっこけるカヌー。美しいずっこけなので激写

naiagara0614.jpg

巻き添えくって流されたmorryも、すぐに立て直して7ジュエル集めて辛くも勝利を収めた。
これで勝ってないのは私だけである。


ゲーム詳細についてはこっち


サンクトペテルブルグ



sanpete.jpg

エンディングは「サンクトペテルブルグ
全員このゲームが好きというので、YBC最後の〆はこれになる。

我々にとってサンペテは、カラオケで言ったら「あと5分です」の時に全員で歌う
ブルーハーツの「リンダ・リンダ」に値するゲームである。
セッティングの手軽さと後半にたたみ掛けてくる感じが、とっても気持がよい。

今でこそ明かすが、僕とpuoは前日に貴族のカード種類を確認していた。
箱を開けて、どんなカードがあるのか、レインマンよろしく記憶しようというわけだ。
なにしろ明日対戦する二人は、プロフェッサーである。いわばプロである。
どんなプロかはよく知らないが、プロなことは間違いない。
だから、ちょっとぐらいハンデがあってもいいのではないかと思う。

そして、驚愕の事実を発見する。
「貴族は誰かをアップグレードしないと9人以上にならない。」

今頃知ったんか!という突っ込みがきそうだが、アップグレードしないと
最高得点を得られる10人以上までいかないじゃないかと知ったわけである。

この事が裏目に出るわけだが、熱戦の模様は、ぐずって書いていないレビュー時にそのうちお伝えしたい。




この日、朝10時~夜10時まで、ほとんどノンストップでゲーム三昧。
朝には、あったかもしれない牙とか棘とか抜かれて、お菓子とビールとカードで丸くなって彩られた。

そして、午前中の神がかり的な引きの強さ、午後のそのままお笑い系のグランプリを勝ちあがれそうな笑いのツボ捕らえまくりのMAMEMOTTIが第2回のMVPを受賞した。

なかでも、午後からのナイアガラでのダイビングぶりや、サンペテでの、独走状態から一点、カード破産よろしく、15ポイント逆走の落差には、1929年以降のフィッツジェラルドの「崩壊」を地でいっているぐらいの没落ぶりだった。ゲーム的にも、ネタ的にも、あなたに完敗で文句なしの受賞である。

YBC後、余ったビールでひとり反省会。
何しろ今回、私は0勝10敗ぐらいである。
何となくアマデウスの「サリエリ」フィーリング。
好きなのに勝てない・・。説明書読んでる背中が切ないとまで言われた。

とりあえず歯磨きして不貞寝した。

忘れずに次回告知をしておく
関連記事
ありがとうございます。

どーもどーも(クジャクの羽みたいな扇子をパタパタ)
このたびMVPをいただきましたmamemottiでございます。

ほんと、午前中は、調子がよくて、皆様が「お金がない」とつぶやいているのを聞いて、「パンがなければ、ケーキを食べればよいのに」と思った瞬間も。

でも、午後の「ナイアガラ」のダイブの衝撃がすごくて。リアルに転がり落ちる、というのが面白くなってしまい、しまいには、kazunkirさんと、川遊びみたいにダイブ合戦になってしまいました。

あと、puoさんが、サンペテの時小さい声で「アップグレードがけっこう重要やとおもう」とヒントをくれていた理由がいま判明しました。

ああ、驕りが没落を招いたのですね。
ボードゲーム深いです。次回は裸一貫がんばります。

2010.06.15 22:26 mamemotti #- URL[EDIT]

お疲れさんでした。

いやーパンもケーキも丸ごと食べられた気分でした。
パンの耳ぐらいは残しといてくれまいか。という感じでしたよ。

連戦連勝の序盤もすごかったけど、
mamemottiさんのナイアガラ以降の、
別次元のプレイは輝いてましたよ。

次回もヨロシク。、次回こそ私が先にダイブを・・。

2010.06.17 16:50 kazunkir #mQop/nM. URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。