スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

サンクトペテルブルグ 拡張 新しき社会&饗宴

st_kakucho.jpg

サンクトペテルブルグの 拡張版「新しき社会」&「饗宴」を買った。

拡張ってそんなに興味がなかったのだけれど、やっぱり欲しくなった。散々悩んだ末に拡張版を購入。
強過ぎる「貴族18」と「天文台」の修正が入るってだけでも垂涎ものだから。

拡張版は本体と一回り小さいかわいい感じの小箱に入っている。
でも、はっきりいってこの箱の8分の1以下で全然間に合う。
頼むから、箱を小さくしてくれないかと真剣に最近思う。収納が辛いぞ。

しかし、5年以上前のゲームにここまで入れ込んでるの日本でここだけじゃないだろうか。
ここというか、数人だけじゃないだろうか。

でも、きっと日本にはいなくても世界にはいるはずだ。
今もこの瞬間に「アカデミー」建てようかなとか言ってる人がいるはずだ。

そういう人にどこかで会うかも知れない。
例えば、橋のたもとで、マンダリンなんか聞いてるときに。
あるいはモスクワとかで、ウォッカ飲んでる時とかに。
そうですね、私は街戦法が好きなんですよとか言ったりして。

さて、前置きはこの辺にして、珍しくデータぽいことを書いていこう。
色々ネットで調べてみたけど、拡張について詳しく書いているサイトが見つからなかったからだ。
しょうがないので、自前で用意することにした。

1)色問題

st_color.jpg

本体のカードと拡張の写真を撮ってみた。左側が拡張で右側が本体のものである。
画像では分かりずらいが、あちこちで言われているように、やはり裏面の色の濃さが違う。拡張の方の色が断然濃い。特にこのゲームで最も攻防が熱い貴族カードの色が、はっきり分かるぐらい違う。
カードの種類がわかるからといって、わかった人が取れるとは限らないので致命的ではないものの、やはりいただけない。差し替えカードだけまぜて使うといった使い方はできないようだ。混ぜるなら、どのカードか分からなくするために全部使った方がよさそう。



2)5人プレイ可能

fiveplay.jpg

黒いコマと円柱の手番コマがついて5人でプレイすることが可能になった。
カードの2の数字は5番目のプレイヤーは明らかに不利になるので、最初に2ルーブル得る事が出来るという表示です。これを持っている人はあるターンでは、一度も一番の手番がまわってこないターンが発生することになります。5人でプレイする場合。ターンが終れば、今までとなりに送っていた手番コマは2つとなりのプレイヤーに手渡すルールになります。

3)差し替えカード

st_sashikae.jpg

まずはピョートル。コスト8だったのが3になった。
貰えるお金は1ルーブル下がったけれど、もともと「アップグレード要員」だからいいよね。よかったね。ピョートル。これで皆に構ってもらえるよ。

となりの18貴族は不満そうだけど、君は今まで得をしてきただろうからしゃあないと思う。
お金が3減の勝利ポイント1ぷらす。

個人的にはマリンスキー劇場の変更に気持ちがいく。今ままでは、貴族の人数分1ルーブル貰えたのが、今度は1勝利ポイントに変更されている。1ルーブルと1勝利ポイントだと話がだいぶ変わってくるので、このカード結構いいんじゃないでしょうか。


4)新しき社会

社会が発展すれば、いろんなタイプの人間が住み着く。
あんまり生産的でない人も住み着く。
adkige01.jpg

Hochstaplker(おべっか使い)ってのが目立つ。持ってるだけで1ルーブルマイナスか、最後まで手札にしときたいなこいつは。
それかさっさとアップグレードか・・。キージェ中尉って誰なんだ?調べてみると皇帝の昼寝の邪魔をしたことで激怒されてシベリア送りになった「架空」の人物なのだそうだ。でも本当は皇帝の身を守るべく邪魔したから忠臣だったらしい。でも政治的な理由で暗殺された。でも架空の人物というなかなか面白そうな話。この話を元にした交響組曲もあるみたい。

gebaude01.jpg


・Shuldturm(債務者監獄)
1勝利ポイントを貰うか、カード捨て場から1枚取って直ちに場に置く事ができるっていうことかな。

・Kaffeehaus(コーヒーハウス)
貴族持ってる分1ルーブル。前のマリンスキー劇場と同じですね

・HANDELSGILDE(ギルドホール)
最大4ポイントまで、お金と勝利点がもらえる。2勝利ポイントと2ルーブルとか。

・UNIVERSITAT(サンペテ大学)
きれいな大学やなー

・MARKTHALLE(商館)
3ルーブルで2勝利点が買えます。

・TXITILEFABLIK(織物工場)
布カード1枚につき2勝利ポイント。

handwerker01.jpg

・Bauer(農夫)
コスト9ですか。最初に出ない事を祈るべし
kolchose(コルホーズ)
5カ年計画だっけ。すごいなーロシアって、学生の時思ってました。まさか崩壊するとはね

・Oktoberrevolusion(10月革命)
フィーバーって感じですか

5)饗宴

これちょっと微妙だなと思える。
やってみないと分からないけど、ゲームスピードが遅くなりそうで、嫌かも知れない。
カードは普通にカードに混ぜて使用できる。基本的に紫のカードは無料です。

kyouen.jpg


・Langfinger(スリ)
これを出せば、出した人がその時の手番が一番最初になる。横取カードですね

・Hofnarr(宮廷道化師)
自分の持っているカードに付ける。次の決算する時にお金と勝利点が逆転する。利用は1回だけです。

・Doppekzug(ダブルムーブ)
2回連続で行動できる。意味ないけど2回連続パスでもいいらしい。

・Weg damit!(一緒に捨てろ!)
手札から一枚捨てなければなりません。これいいんじゃないの?持ちすぎの人にはぴったり

・Schwarzmarkt(闇市)
捨てた札から1枚買う事が出来ます。捨て札全部見て決めてOK
アップグレードはダメみたい。

・Goldesel(金のロバ)
ほんまにロバかこれ。ともかく絵の通り5ルーブル貰えます。

・Zar Superstar(皇帝 スーパースター)
いちびってるピョートル。このカードは「皇帝と大工」とのみ交換可能。
建物と皇帝カードを買う時に1ルーブル下がります。

評価はつかないけど、なかなか魅力的なカードだらけで興奮してきた。
さぁさぁ、皆様ゲームの時間ですよ。


サンクトペテルブルグサンクトペテルブルグ
メビウス

商品詳細を見る
関連記事
来ましたか!

いや~、バランス調整いい感じですね。
僕も一応ネットで調べましたが良調整との声が多いです。
しかし、ピョートルえらい安くなりましたね。
個人的にマリンスキーは高いなと思ってたので
コーヒーショップの6でグッドです。
あと、ぱっと見て思ったのは『新しき社会』の人ら顔が
いがんでますね。コワイです。以上。

とりあえず、早くやりたいです!

2010.07.28 22:37 morry #- URL[EDIT]
来たねん

僕もこれは、なかなか調整具合がよさそうに思う。
この感じだと貴族だけで勝ち抜けできなさそうな按配だ。

とりあえず、寝る前に箱空けて一回「くってから」寝てる。
やるの楽しみ。

そうそう言われて気がついたけど、確かに貴族の目線おかしい。
たぶん彼らはおのぼりさんで、都会にびびってるんじゃないかね。誰かみたいに。


2010.07.29 17:55 kazunkir #mQop/nM. URL[EDIT]
そうそう、誰かみたいに、、、

、、、、あれ?それはその、もしかして、僕ですか?
まさか、受験で名古屋行った時の地下鉄の人の多さに
お祭りだと勘違いした話ですとか、そのあとホテルの
ビーフシチューのビーフが喉を通らなかった話の事をおっしゃってる?
もうこうなったら僕は彼らを集めて(田舎)貴族勝ちを狙います。
あのロバもなんかかわいそうなので集めます。
だが、ピョートル、彼はダメ。都会の匂いがする。

ともかく、今度の日曜が楽しみで仕方ありません。
5人プレーもできたらいいですね。

2010.07.30 16:58 morry #- URL[EDIT]
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.12.06 17:21 # [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。