スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

YBCの一番長い日

先週末、YBC本部にて強化合宿が行なわれた。
僕にとっては、楽しみと共に日々のストレスの発散の場であるが、今日訪問するいつもの2人とっては、新学期が開始する「さよなら夏の日」でもある。やらなあかんこといっぱいやねんけどなぁといいながら、彼らとカードをめくってセリをする日であった。その日Puoは仕事で昼間はいないため、3人で遊ぶことになった。涼しくなって、汗だらだらかいていた夏とは違って、きっとまったりした雰囲気になるだろうと思って気楽に構えていたがそうはならなかった。


カルカソンヌ


carca1008.jpg

カルカソンヌカルカソンヌ

メビウス

商品詳細を見る

今日は勝った人が次にやるゲームを決めるというルールである。
最初だけは、運要素の強いカルカソンヌで決める事にした。Morry氏が遅くなっていたので、Mammemoと2人でプレイ。こういうちょっと待っている時にやるにはぴったりのゲームだな。

もし僕が高校生なら、彼女とかとやりたかったよなといつも思う。街作りしているさまが、なんかこう一緒に砂遊びしまていますみたいな感じを、いつも受ける。わー城できたーとか長いねーこの道ーとか。まぁそれも、相手の城横取したり、寝ているのを邪魔したりするまでやけど。もう大人になった僕はそういうことをして、さくっと勝つ。

僕が勝った、ということは僕が選んでいいということだよねと僕は確認する。

それじゃあ電力を送ろうと緑の箱に手を伸ばす。

電力会社


denryoku1008_01.jpg

電力会社 完全日本語版電力会社 完全日本語版
(2010/09/04)
アークライト

商品詳細を見る

どうも、数年前に一斉風靡したらしい「電力会社」である。
日本語版が出たということでアマゾンで購入した。最近日本語版のリリースがかなり多くなっているみたいで、とても追いきれない。全部欲しいなーと思っても、先立つものがなくてゲーム貧乏というのもあるが、それ以前にやる時間がない。でも日本語版はすばらしい、分かりやすいし、お気軽感がとってもある。翻訳したり日本語を印刷してはったりしなくていいし、是非この流れが続いて欲しいと思う。多少高くても、個人的には2000円差までなら日本語版がいい、それ以上ならちょっと迷うけど。

さて「電力会社」箱の横に2時間とかいてある、だいたい一般的にゲームの箱には「1時間から2時間」みたいな間をとったかき方をしているけれど、はっきり2時間と書かれている。私、長いですよというかなり誇らしげな表示である。

とりあえずざっと説明して開始。要素の多いゲームなので説明に時間がかかる。たぶん20分ぐらいは説明していたと思う。しかしこれまでやってきたゲームのおかげで「例え」がわかって要領がいい。この部分はサンペテ、こっちがモダンアートで、ワザと遅れると有利な感じは「はりねずみ」な感じ、などなどおりまぜて把握しやすくする。

簡単に説明すると、各自が電力会社のオーナーで、各街に施設を立てて電力を送るというゲーム。
ゲーム世界にはお金の概念があって、50エレクトロを持っている。電力を送るとお金を得られるので、よりたくさんの街に施設を建てながら、その施設に向けて発電してお金をかせぐ、施設、発電所、発電燃料の3つをいかに効率良く購入し発展させていけるかがポイント。誰かが17の都市に施設を置いた時点で終了。こういういわゆる拡大再生産していくゲームはかなり好きみたいだ。

プレイ記を書くとものすごく長くなりそうなので、感想だけ書いておくと、これまでやったどのゲームを上回る面白さだった。やってる間もこれオモローですよ、オモローですわよ発言でまくり。

3時間半もやってたくせに、「もう一回やるかコール」まで巻き起こった。
発電所のセリの仕組みや、資材徐々にがインフレを起こしていくところ、街に自分の施設が広がっていく仕組みとか、欠点がまるでない。全部が全部機能して本当に面白かった。時間が長いだけが弱点だと思うけど、長くないとこれ面白くないだろう。もうひとつの弱点は頭めっちゃ使うので「ビール」は飲めないってことだ。(飲んだけど)途中で暗算が無理になって、YBC初の電卓を導入したのも忘れず言っておこう。

denryoku02.jpg
最後の方の大詰め、テンションあがってるので全員立ちあがってプレイ。
数学者のプライドで絶対に電卓を使わないMorry氏の手つきがチョーカッコイイ。


ホントにもう一回連続でやりそうになっていたが、さすがに疲労していたので、休憩がてら別のゲームをすることになった。


Morry氏のリクエストの倉庫の街である。


倉庫の街


souko1008.jpg

倉庫の街(Die Speicherstadt)倉庫の街(Die Speicherstadt)
()
Eggertspiele

商品詳細を見る

このゲーム、そこそこの評価と実際その通りの、まぁまぁの評価だ。

でもこれ、初心者受けもいいし、カードを覚えてくると、出たとこ勝負ではなく、ちゃんと戦略が立てられる別世界がまっている。強過ぎる消防士もそういうものだと知っていれば問題ない。取ればいいのだ取れば。とにかくYBCでは人よくやる人気ゲームである。独特のセリの仕組みが面白いんですよこれ。

冬の季節に、資材を換金できる3つのカードを僕が入手、続いて入港してくる資材を狙ってお金に換金、とにかくお金がないゲームなので、ものすごく有利に立つ。消防も無難に獲得して、僕が独走体制に入った。こんなうまいこといっていいでしょうか?っていうぐらいぶっちぎった。最後の方はどこに人足置かれても全部カード取れるやんってぐらいになっていた。Morry氏を初めて手も足も出ないと言う状態に追い込む。はっきりいってコ5回ールドで僕の勝ちぐらいの感じだった。今日は僕はのってるんじゃないだろうか。MorryとMammmoが仲間?割れしていくのを見ながら、余裕をかましていた。

だから、次のゲームは当然あれにした。このゲーム未だに僕は無敗である。

マンハッタン


manhattan1008.jpg

マンハッタンマンハッタン
()
メビウス

商品詳細を見る

1994年のドイツゲーム大賞の名盤。
上に書いたように僕はこのゲームに負けた事がない。相手の考えが見える!というわけで大得意なのだ。といってもこれやるのはで5回めだけど。つまり4戦4勝しているということです。ドラえもんにおけるのびたの「あやとり」状態で、このゲームに関してだけは相手が何考えてるか、なぜかよくわかるのだ。

しかも対戦相手の2人は「倉庫の街」の完敗で精神的ダメージを受けている様子。これなら連勝できそうだ。

ゲーム開始。面白さアップのために土地は6箇所あるうちの4箇所だけにする。こうするとビルの乗っ取り起きやすいので面白いのだ。やったことある利点で前半、かなり先行していくが、このゲームトップのプレイヤーを狙って潰すことができるので、復調してきた2人に狙い撃ちにされて、一時順位を逆転される。しかし、本当に負ける気がしないので、Highestをどんどん狙ってビルを乗っ取っていく。小さいビルを餌にして、大きいビルで本当に欲しいところを取るという流れだ。そういうのがガンガン当たる。そうして再び勝利。これで5戦5勝。そういうゲームもあるわけです。ハイ。
manhattan04.jpg

後で、気が付いたのだけど、僕はどうも対戦相手の目線を見ているらしい。要するにどのカード持っているか目線で見抜いていたみたいだ。ビルの数とかカード運よりもはっきりいってそっちのが重要です。と偉そうに講釈したった。気分いいなこりゃ。

エルグランデ


elfrande1008.jpg

エルグランデエルグランデ
()
メビウス

商品詳細を見る


続いてエルグランデ。
個人的にはこれはマンハッタンと逆。めっちゃ苦手ゲーム。どんなにやっても好きなのに勝てた試しがない。
盤が好き過ぎて、塔とかオモローアクションに気を取られるのが原因じゃないかと思われる。ゲーム初期に早々と脱落、あっさり最下位になって2人の足をひっぱる係になる。このゲームあたりからMammmoの引き運がかなり良い状態になってくる。一生懸命に自陣の城にためた騎士を撤退させるのアクションカードをタイミングよく使ったり、王様の移動で本陣をうまく守ったり、というよりもあなたこのゲームうまくない?でもそのうまさのせいで残り2人激高。最後の得点計算でMorry氏が気合いの逃げ切り。意地やなもう。


エルグランデが終る頃に、PUOが帰宅してきた。もうすっかり夜になった。夜ご飯を食べながら今日のゲームの戦いぶりを話す。今日のご飯は特製きのこ入りハヤシライス
hayashi.jpg

やはり話の中心は電力会社だ。いかに面白かったのかを思い返してPuoに話す。
応援しているプロ野球球団の勝ち試合を話すのに近い。

だから、今からやる?という発言がでるのも時間の問題だった。

明日の予定ある人と挙手を取る。

僕 親に会う
PUO  知り合いのパン屋に行く
Moory 特にないっすね
Mamemo やることあるけど・・。

PUO じゃあやりますか。

というわけで、泊まり決定になった。ほんまに合宿やんけと思いながら。
YBCまさかのアンコールである。

フィンカ


finca1008_01.jpg

Puoのリクエストでフィンカを広げる。
もう完全に学生ノリ。いわゆるムードは徹マンってやつだ。

Mammemoがバーストを起こさせる。何かこの感じ今日良くみるな。オリーブとドンキーのダブルバーストを食らってMorry氏がベランダに走っていったのが今も眼に浮かぶ。同じ京都人なんだから仲良くしてくださいね。
でもこのゲーム、ダブルMがうまくなりすぎてて、僕とPuoは彼らに歯が立たなくなってきているので、それでちょうどいいかもしれん。

フィンカ2回やったところで、エンジンがかかってきたので例のゲームを始めることにした。
この辺で終電なくなった。

電力会社


denroku05.jpg

電力会社 完全日本語版電力会社 完全日本語版
(2010/09/04)
アークライト

商品詳細を見る


昼間に働いていたPuoが砂漠を走るダカールラリーのドライバーみたいに、15秒ぐらい寝ておきるみたいなのを繰り返している。しかし、このルールは説明しておかないと勝負にならないのが見え見えなのでなんとか聞いてもらう。彼女も歯をくいしばって、机にかじりついて聞いている。第1ステージの街7個立てるまではサポートにつくことにしてゲーム開始。昼間やったのはドイツだったが、夜はアメリカの地図にした。盤の表がドイツになっていて裏がアメリカである。

3人でやったときは、資源の枯渇がものすごく早かったから、急いで資源を蓄えていたけれど、4人でやると資源効率のいい発電所がどんどん場にでやすく、資源があまり消費されない。むしろ街を建てる予算を捻出できなくなってくる。資源が枯渇するのを見越して、投資していた僕は不利になる。しかも初期位置を東海岸に置き過ぎて、Mamemoに封鎖されて出られなくなった。これは厳しい。
denryoku03.jpg
赤が僕。

denryokurouryou.jpg
投了図、青のMorry氏またしても勝利。

前よりは短くなったものの2時間半の激闘の末にMorry氏の勝利。
このゲーム3人でやるのと4人では、かなりゲームのイメージが変わっていた。かなり唸る。これは面白い。まじで面白い。眠そうなPuoですら「コレ面白い」と寝言のように言う。

「電力会社」の計算は大変だが、ばちっとはまったときの爽快感がすばらしい。一気に街を4つぐらい立てておいて、発電!ってするときの気持ちよさが他のゲームの類をみない。むかし習っていたそろばんで、桁数の多い読み上げ算で一発でばしっと答えがでた気持ちよさににている。

オモロー認定。というより現時点で一番オモローなゲームに躍り出た。

ゲーム後、ふらふらのまま全員就寝。
写真は買っておいたパイナップル山済みの朝ご飯。
さっぱりしてて、おいしかった。んじゃもう一回やる?

breakfast1009.jpg

対戦表
カルカソンヌ電力会社倉庫の街マンハッタンエルグランデフィンカフィンカ電力会社合計
Morry/18
3
11
52
1
1位
3
44
36
16
13
Kazun107
3
16
28
3
57
3
3位
33
39
1
15
1
11
mamemo76
1
17
1
13
1
412位
1
43
1
45
3
11
8
Puo-
--
-
-
29
35
14


おまけ
電力会社のデザイナーフリードマンの特集記事があるらしい。
欲しいかも

Game Link Vol.5Game Link Vol.5
(2010/10/09)
アークライト

商品詳細を見る
関連記事
オモロかったです~

新旧織り交ぜ合宿、楽しかったです。
ありがとうございました~

電力会社すごく面白い!
あのゲーム、いろんな要素のバランスがいいんかな?
またやりたいです。

あと、kazunkirさんのマンハッタンは神がかってるね。
目線を見るなんて、ゲームしてる時にそんな人がいるなんて、
そんな人のためのゲームがあるなんて、何かと驚愕でした。
これもまたやりたい。いつか目線を読み返したいです。

あと予定外にお泊まりまでして、すみませんでした。
ありがとうございました。
土日がきれいに潰れて、かなりすがすがしかった(本当です。)



2010.10.12 20:04 mamemotti #- URL[EDIT]
オツカレー

いやー面白かった。
やりたいゲームが全部やれて満足な1日(2日?)でした。

電力会社はほんま気に入った。
時間かかるから、なかなかできないかもだけれど、
常に出せるように棚の一番上においとこうと思う。
そして、マンハッタンは無敗記録を続けるつもりです。
また相手してやってください。

そうそう、今年、電力会社と同じデザイナー作で『ビール侯爵』ってのが出るらしいねんけど、もうタイトルからしてツボ。ファンになりそうだ。

まぁ、あと心残りなのは、僕が出かけた後の君らの会話かな。PUOに聞いたけどめっちゃ面白そうなトピック。同居の話しは面白過ぎる。


2010.10.13 21:34 kazunkir #- URL[EDIT]
ホントに合宿でしたね。

いや~、電力会社楽しかったです。
まあ、ゲーム的には「要電卓&時間」がちょっとネックですが、
それでも、楽しさが上回ってましたよね。

もう一つ個人的な感想としては「手痛い仕打ち」というか
「くらってはいけない手を頂戴して負けた。」というのが
多かったです。バーストとかバーストとか。

ちなみに同居論争は
「同居っていいと思うねん、経済的やし」と言い出したM氏に
「いや、意味あるんですか?」と反論した事から勃発しました。
結論は忘れましたが「部屋=寝るとこ」の生活スタイルの僕
にはポワンとしてました。
それにピアノも弾けなきゃいけないんでしょ、あれ。

2010.10.15 01:03 morry #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。