スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ドイツ年間ゲーム大賞 2011が発表された。

poebbel_spiel_40pxhoch.gifpoebbel_kenner_40pxhoch.gif

2011年のドイツ年間ゲーム大賞が発表された。
Spiel des Jahres
今年から、Kennerspiel des Jahres っていう、フリーク向けの賞も増えた。

Spiel des Jahres 2011
 poebbel_spiel_40pxhoch.gif
Qwirkle
Qwirkle Board GameQwirkle Board Game
()
不明

商品詳細を見る



Kennerspiel des Jahres 2011 poebbel_kenner_40pxhoch.gif
7 Wonders

世界の七不思議 (7Wonders) 多言語版世界の七不思議 (7Wonders) 多言語版
(2011/04/16)
Repos Production

商品詳細を見る


今年は、たまたま受賞発表のタイミングでパソコンの前にいたので、リアルタイムで確認することができた。
Spiel des Jahresでは、発表を実況中継してくれる、ページがあったのでそれを見ていたのだ。

最初に、エキスパート賞の発表があり、7不思議が当然のように受賞。デザイナーは今韓国?にいるとか言ってたような気がする。
拍手と受賞式の後で、お待ちかね年間ゲーム大賞の発表、予想としてはアサラが本命だったけど、ひょっとしたらあるかも、と思っていたクゥワークルが来た。

まず感じたのは、え?という肩透かし感だった。
ドイツ年間ゲームについては、世界1のボードゲームを決める賞という意識が強かったので、このテーマ性のないゲームが受賞したことにびっくりした。テーマは?デザイナーの個性は?まるで、最後に得点が倍になって負けたお約束のクイズ番組みたいだ。

期待すればいいのか、がっかりしたらいいのか良く分からないというのが正直な感想です。
まぁ、もちろん面白いから受賞したんだろうけど。

関連記事

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。