スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

英国レディになる方法

夜、寝転がって、ポールオースターの新刊を読んでいると、ねぇこれ見てとPuoが本を見せて来た。
本の表紙には「英国レディになる方法」と書いてある。なりたいのか?無理だろうそれは。

英国レディになる方法英国レディになる方法
(2004/09/11)
岩田 託子、川端有子 他

商品詳細を見る



レディの前に、英国人になる方法から考えたほうが・・。と思いながら、本を受け取る。
どのていど不可能を可能にする本なのかどうかは知らないが、ページをめくると、そこには18世紀のボードゲームというページがあった。

どうやらこの本によると、18世紀の英国レディの間でも、ボードゲームは遊ばれていたらしい、賭博になるのでサイコロは使われなかったとか、教育的価値に重きを置いていたとのことだった。

こんな風に書かれている。

大都市バーミンガムは金属製品が有名で、その種類は筆舌に尽くしがたく、宝石やその他の装飾品、武器の生産でも有名である。1つ休んで工場見学



長い。説明が長い。このマス一休みというつまらない書き方でなく、1回休みな事を忘れるぐらい説明している。
これなら一休みするのも仕方がなかろうという気持になれる。


写真は白黒だが、今でも十分に通用する凝ったなゲーム盤だ。
edlady.jpg


少女時代から奥様稼業まで、幅広くレディについて書かれているこの本、我々がよく考える紳士とはいかにではなく、ここらで、レディについて本格的に考察すべきである。英国レディかつボードゲーム通になりたい人は必須の本です。(嘘
関連記事

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。