カテゴリ:活動記 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

第31回YBCレポ

第31回YBCレポをお送ります。

先月の8月より続く、なんか忙しいぞ攻撃とマイサンの絵本読んで読んで攻撃に悩まされているこのごろ、第31回YBCがこそっと行われました。無鉄砲独立をしたkaorinとダンクかましているAAP、夏は北海道ですよねコンビは、タイミングがあわずお休みで、今回の参加者はMorry夫妻とPuoのみでした。ということでお気楽ムード。ご飯も近所の恒例のかぎ卯でいいか!ってことで準備せず。楽。

しかも、前は狩りにでかけたmorry氏が、今度は宇宙世紀に2日間ほど行くらしいので、夕方までの会となり、遊んだのは2ゲームのみでした。

花火


CIMG8363.jpg

HANABI (花火) 多言語版HANABI (花火) 多言語版
(2013/07/04)
ホビージャパン

商品詳細を見る


今年のドイツ年間ゲーム大賞をやってみることに。カードゲーム初の大賞受賞ということで、期待半分、不安半分でどんなもんかなと思っていたらなかなかどうしておもしろいじゃない。自分の持っているカードは見えないというインディアンポーカーの改良版みたいなゲームですが、結構おもろいです。カード出すときに力が入るのが花火打ち上げというテーマとばっちりあっています。

ただこのゲームで、もう一つだなと思うのは協力ゲームなことぐらい(笑。という全否定しときます。どういうルールになるかはあれですが、花火打ち上げ対決みたいにしてくれた方が好みです。それでも、近年エキスパート賞とか区別がつきにくい賞が増えて迷走気味のドイツ年間ゲーム大賞ですが、今年花火が受賞したことは悪くないと思います。「ということはぁ」「ですよね」といった台詞が連発します。空気読んでいきましょう。

レースフォーザギャラクシー


IMG_2405.jpg
レース・フォー・ザ・ギャラクシー (日本語版)レース・フォー・ザ・ギャラクシー (日本語版)
(2010/10/03)
ホビージャパン

商品詳細を見る


前回のオープン会で来てくれたトリックプレイのUmeiさんが持ってきた「サンファン」のスマートなルールにハートわしづかみにされて、ついに覚悟を決めました。宇宙に旅立つことにしました。というわけでルールが煩雑すぎで有名な「サンファン」パワーアップ版ともいえる「レース・フォー・ザ・ギャラクシー」です。

開封したカードをみて、絵柄の情報量の多さにげんなりしつつも、なんとか踏みとどまりルール読破。あちこちのサイトでとにかくこのゲームをするなら10回以上やってなんぼ。みたいなことを書いていたのでそれなりに覚悟してやりました。1回目は勝負もなにもあったもんでなく、カードをだだ見せ、人のをだだ見。ひたすら探査とか、あれこれ本当は制圧できひんやんとかルール間違い倒してました。それでも覚悟していたためストレスも感じずとりあえずこの日は2回プレイ。もしプエルトリコやったことなかったらもっと手こずっていたはずです。それでもあ、これは!という印象を持って遊べました。あと8回はやりたいです。
「漢字多いから、いややなー」というのはPuo。あわないんでしょう文字と絵柄が・・・。


ひとりで遊ぶ、ボドゲルーキーの息子画像。

IMG_2399.jpg

第3回YBCオープン会レポ

第3回YBCオープン会レポをお送りします。

第3回ということで、テーマとしては3。なんでも3が一つの山場。3日坊主、3日天下、メジャーデビュー3枚目、便秘3日目などがそうで、3は峠と呼べる場所そのもの。
ここでこらえて続けるか、やめてしまうかという境目であり、力が試されるのが3という数字である。
長嶋茂雄の世代ではないが、背番号3番は背負ってるものが違う。世代的には清原がそうか。今ならダレだろう、もう野球に詳しくないのでわからないけれど。ちなみに僕は視力検査でこの3を「Cの逆」という、わけわからん答で応じたことがある。

そういうわけで日にちも8月3日。この日が曲者で、いつもなら「参加しますよー」といってくれるいつものYBC面子がことごとく「仕事で無理ー」とか「予定あるー」とつれない返事。好きなだけ、好きなときにというモットーなので会の強制力はゼロ。それでも、オープン会、心の支えのSさんとか前に来ていただいたたるさんが参加してくれるとの事。ありがたし。

そうこうしているうちに、Seekerさんとか、既に他のゲーム会で知り合い同士の方々に参加コメントをいただき総勢12名の会となりました。前回より半減ですが、ボドゲ猛者ぞろいだったので減った感じがしませんでした。でも、あの部屋だと15人ぐらいて適正ですよねとの意見。ごもっとも。


PIX ピックス


CIMG8289.jpg

ピックス 日本語版ピックス 日本語版
(2013/06/29)
ホビージャパン

商品詳細を見る


滋賀のボドゲ会くさつボードゲーム会主催のヨシダさんが来会、実は、オープン会をやるときのルールとか雰囲気の参考にしてたゲーム会なので、だいぶびっくり。そのうちお礼をかねて行こうと思っていたところ、逆にあっさり来ていただいて恐縮する。が、同時にボドゲの世界の狭さを再確認。そのうちよく見るブログやってる人には全員会える気がしてきました。この辺がボドゲの面白い所の一つです。何しろ会わないと遊べないという大前提があるので。

で、全員でまずはピックスをやりましょうということに。かのジャズのプレイヤーチャリーパーカーは天才がゆえに楽器をえらばなかったそうですが、僕もお絵かきに、ゲームを選ぶことはありません。たとえペンでなくてもドットでも下手は下手。どんなお絵描きゲームでもプレイヤーを混乱に陥れることができます。
ピックスは、ゆるいペアを2人でくむのですが、最初にくさつ会のヨシダさんがペアに。お題が「迷路」とかそんなん表現できるか!というお題だったのもあって場を混乱に陥れる事に成功。画像はまだましな僕の作ったユニコーンです。


村の人生 拡張入り<



CIMG8297.jpg

村の人生:酒場 日本語版村の人生:酒場 日本語版
(2013/07/21)
ホビージャパン

商品詳細を見る


続いて、卓が分かれたところで、たるさんが持ってきてくれた「村の人生 酒場の拡張入り」をプレイ。カードを見て日本語版かと思いきや拡張カードのシールが全部セリフ仕立てになっていたのに度肝を抜かれる。お子さん3人もいるのにがんばりすぎですよ。なんていうかゲーム対する愛情が違うなと負けた感がありました。

しかも、プレイ開始するなり、たるさん夫妻の手が早い、早い。僕は常日頃長考することがほとんどないのですが、それでも一番遅かったと思われます。市場でうっはっは作戦でなんとかしようとおもったものの、ダブルスコアの大差で一人負け。それなりにダメージを受けているところへ、ちょうど他のゲームが終わったらしいSeekerさんが後ろから「それひどいね」と一言。ちゃんとカードとらなきゃと、傷口に塩をぬっていきました。まぁ確かに自分でもどうかと思う負けっぷりです。


クリッカドゥー(Klickado)


CIMG8310.jpg

メンバーシャッフル後、謎のゲームクリッカドゥーをやらせてもらうことに。毎度ながらSeekerさんの持ってきてもらえるゲームがだいたいツボに入る。ちなみにこの日は、徹底的に「持ってきてもらったゲームをやる」に徹しています。インストしなくていい&自分じゃ買わないゲームができるという理由です。これがたぶんゲーム会に参加した人の特権でしょう。インストやらなくていいという本音の理由もありますが・・・。

このゲームは3種類の棒(1っ種類だけマグネットがついている)を鉄棒につるした磁石にのせていくだけのゲーム。落としてしまうと罰則で、全部先に置ききった人が勝ちになるものです。これがこの日の僕のベストプレイでほぼノーミスでした。やればできるやんと自信回復の瞬間です。


サンファン


CIMG8313.jpg

サンファン(日本語版)サンファン(日本語版)
()
alea

商品詳細を見る


プエルトリコもっているからいらないと思ってずっとパスしていたゲーム、やってみると全然違うゲームになっていて、うなるほどに面白かった。拡張入りだからバランスも良いんですよとはSeekerさんの弁。これが気に入ったのならレースフォーザギャラクシーをやると良いとのアドバイス。あれも1回で何ともならないというゲームらしいのでパスしていたやつ。一気に気になってきました。この感じは好きなタイプなので、そのうち手に入れると思います。両方。


世界の7不思議 拡張City


CIMG8317.jpg

世界の七不思議:拡張2都市 (7wonders:Expantion2 Cities) [並行輸入品]世界の七不思議:拡張2都市 (7wonders:Expantion2 Cities) [並行輸入品]
()
不明

商品詳細を見る


とあるイベントで久々に会った勢いで、ゲーム会に誘ってしまったスーパー初心者サトコさんが来たところで7不思議をプレイ。ゲーム本体も拡張もくろばさんが持ってきてくれたもので、彼のいうレンタサイクルで来るつもりだったのに8時までしか貸してくれないというエピソードに心打たれていました。世界の7不思議はさんざんやってるので、お腹いっぱいゲームですが、拡張のシティは初めてです。平和の鳩がいたり、全員から金を巻き上げるカードがあったり、左右のプレイヤーを越えた効果のカードがいくつか入っていて絡むのが好きな僕好みでした。サトコさんのサポートしながらプレイしてたら、逆側の国から猛攻を受けて軍備で全敗してました。1点差でベベではなかったのがまだ救いですね。まぁくさつ会のヨシダさんが華麗にベベでした。罰として今話題のペプシ味スナックを鷲掴みで食べてもらいました。

ここで休憩。たるさんの差し入れやらお菓子やらを食べながら、ゲーム雑談に花が咲いていました。僕は影でキリンジ談義を少々。サトコさんがキリンジを聴くとのことで大ファンな僕はここぞとばかりにキリンジトーク。ボドゲどっかいってましたが、まぁいいとします。

ウントチュース
CIMG8319.jpg

ウントチュースウントチュース
()
不明

商品詳細を見る


最後は、ワレスの盛り上がりゲーム。こういう楽しいゲームをやるといつもドリフの8時だよ全員集合の最後の歌を思い出します。お風呂入れよー、歯みがけよーとかいうやつ。カードを取る時ドイツ語の「じゃーねー」のような意味の「チュース」と言わないといけないのですが、ドイツ語講座のくまっちをイメージ。そしたらみんなドイツ語講座を見てました。やっぱり見てますかという感じです。

他にプレイされてたゲーム画像(写真撮り忘れがあるかも・・。)タイトル忘れたものもあり。

CIMG8295.jpg


CIMG8311.jpg

フードファイト
CIMG8315.jpg


というわけで、8時半になりつつがなく第3回も終わりました。来ていただいた皆様ありがとうございます。
いちおう魔の数字3もクリアし、4回目もやる気になっているので、タイミングが合えばよろしくお願いします。
たぶん10月ぐらいです。

なお、今回でSeekerさんが仕事の都合でたぶん参加は最後とのことで、転勤ですか?と聞くと。いえ、そうじゃなくて神戸でお店を開くとのこと。マジデー!知らんかった!ということで行きます返事。神戸は学生時代を過ごした場所で思い入れありまくりです。Seekerさんは知識とか人当たりとか熱意とかボドゲ店やる人にぴったりだと思います。本当はヤマザキでやってくれたらいいんですがね。まぁ人来ないか。


第30回YBCレポ

第30回YBCレポをお送ります。

暑くてムームー言っていますが、いかがお過ごしでしょう。
あやうくレポ書き損ねそうになっていた第30回YBCは7月半ば頃に行われました。
記憶があやしくなっているので、レポは駆け足気味です。

ちなみに7月頭にマイサンが、あっという間に1歳になったので、YBC前日にご両親をお呼びして行うお誕生日会の準備をもくもくと。写真集作ったりDVD作ったり飾りつけたりとがんばり過ぎた余波で疲労が残りまくっていたため、「ごめん、ご飯準備するの無理メール」を送ると皆様から、なんか持ってきてくれるとの返事。

あーこれはついに伊勢海老じゃない?ほら海面から飛び出てシッポがこう、水しぶきあげてクワッてなるやつ!とか言ってたら、食卓は僕の苦手なナス祭りに・・。まぁ海老もそんな好きじゃないしいいけどね。

結局Morryが持ってきてくれた味わいコロッケが一番気に入りました。僕は実はかなりすぐ満足できる安い男です。

ところで、今年もドイツ年間ゲーム大賞が発表されたので、今回はドイツ年間ゲーム大賞ものをやろうと決めてました。ちなみに今年のドイツ年間ゲーム大賞は花火です。


HANABI (花火) 多言語版HANABI (花火) 多言語版
(2013/07/04)
ホビージャパン

商品詳細を見る


初の小箱での受賞です。サイレント協力ゲームという斬新な、プレイ中に会話ができないあうんな呼吸が重要なコミュニケーション真っ向否定の協力ゲームらしいです。やってみたい。

ケルト


CIMG8271.jpg


ケルト 追加ボードセット ボードゲームケルト 追加ボードセット ボードゲーム
()
Kosmos

商品詳細を見る


タイトルからして好きなはずのケルトです。追加ボード付きになった新版を手に入れたのでまずはこれをやることに。BGMはエンヤでいいでしょう。持ってないけど。

カードを出して、道が5本あるところに駒をすすめていくシンプルなゲームですが、クニィツア先生の作品なことがすぐわかる仕様がいくつか入っています。このあとやったキングダムビルダーと比べるととても古風な感じの印象を受けますが、わかりやすくて面白いゲームです。30分程度で終わるのも良いです。4人までしかできないのが残念(※拡張買えばできるそう)連続で遊んでも面白いという良いゲーム。これは何度もやるでしょう。


キングダムビルダー


IMG_1741.jpg


キングダムビルダーキングダムビルダー
()
KINGDOM BUILDER

商品詳細を見る


2012年の受賞作、本来であればばりばりの新作ゲームのはずですが。いつも通り少し遅れて流行るのがオレ流。僕流。去年のなので世間的にはもうはやってないかも。ルール読む限りあのつい連呼してしまう「ハチエンダ」に似ている感じですが、やってみると結構モダンな印象を受けます。地形カードに書かれた地形と同じ地形の入植駒をならべていったりするところはよくある感じですが、特殊効果のあるチップがあったり、カードが1枚しか持てないとか、思い切った工夫がなされています。非常に整った好ゲームです。妙にリプレイ欲求をくすぐるのも素晴らしい。ただ1回目はよくわからないまますすむので、何回か遊ぶ必要があると思われます。この日はアンコールとして最後にもう1回遊びました。


ダンジョンファイター


IMG_1743.jpg


ダンジョンファイターダンジョンファイター
()
不明

商品詳細を見る


スポーツの試合前のごとく、ストレッチから入って、深呼吸が必要な例のゲーム。日々のトレーニングの成果をみせる時がやってきました。円陣組んで気合いを高めてから挑戦したいぐらいの気持ちです。このゲームをクリアするめに禁酒(嘘してました。この日は僕は絶好調、完全に4番バッターで投擲を失敗したのがわずか1回という成功率。ただこのゲームそれでも負けます。全員がサイクルヒットぐらいの感じじゃないとまず勝てないみたい。まだ簡単レベルだというのに一度もボスまで行けず。まじで特訓したくなる。


アルハンブラ



CIMG8276.jpg


アルハンブラアルハンブラ
()
Queen Games

商品詳細を見る


ちょうど今、サッカーで東アジアカップというものをやっていますが、その中で若手を起用したザック監督が選手を次のワールドカップへ向けてふるいにかけています。僕も負けじとこのアルハンブラをふるいにかけるつもりで出してきました。アルハンブラって一度も面白いと思ったことがないにも関わらず6人までできる便利さにずっと持ったまま。今日やって面白くなければもう選出すまいと思ってのセレクトです。

しかし、例によって「面白くないと思っていたゲームは面白い」法則のとおり「あれ意外とおもしろい」てなことになっていました。ただ終わってからPuoにその事を言うと「なんていうか私は退屈だった」といつも通りの超辛口トークで終了。6人でやったからというのもあるけれど、次にでてくるのは5年後ぐらいかもしれません。


恒例のご飯画像 今日は皆様の持ち寄りです。
IMG_1739.jpg

次回はYBCオープン会を8月3日に開催します。

暑いだろうけど、まだ参加人数に余裕があります。参加したいって方は連絡ください。

第29回YBCレポ

第29回YBCレポをお送りします。

ジブリの新作が気になって仕方がない今日この頃、第29回YBCが行われました。
これ絶対泣くわーぜったい泣くわーと言いながら過ごしています。内容全く知らんのにポスターだけで泣きそうになってます。

で、今回は、30種類ぐらいあるらしいホットドッグ店を近くに見つけて、他は全員車なのに、そこへ夫婦でチャリで乗り付けているらしいMorry氏とNonが三重から再び参加。

そして相変わらずボドゲ激強だが陣取り苦手のAAP。向こう見ずなプレイスタイルのKaorin、そして僕とPuoと息子。さらにスペシャルゲストとして、アトリエログハウスのikuchanが参加してくれました。ikuchanは今度東京と大阪でかっこいい個展をやるそうなので、興味があれば行くといいと思います。

さらに、お土産にアトリエで収穫したビワをくれました。ビワはこれを書いている横でPuoがぐつぐつと煮詰めてジャムにしようとしています。僕がジャムが食感的に苦手なことは公然の秘密ですが、たとえそう言ったとしても無視されてたぶんジャムになるでしょう。

というわけで参加者は7人と息子でした。

キングダム


CIMG8231.jpg


キングダム 完全日本語版キングダム 完全日本語版
(2012/04/28)
アークライト

商品詳細を見る


さんざん迷って買いそびれたあげく、他ブログでレビューを読んで面白そうと悔しがり、まだ店頭で残ってないかとボドゲ店をめぐった末にやっぱり売り切れで、再版されてからもまた迷って、いい加減にしようと思ってついに買ったキングダム。同じタイトルの漫画はもっか合従連合対秦で大盛り上がりしていますが、それとは違うボドゲのキングダムです。ク二ツィア先生の佳作とのことで、わりと期待していました。今までやった先生の作風はだいたい好きな感じがします。まだ駄目な時のク二ツィア先生を知らないからとも言えますが、ゲームはいつも猛烈に前にすすませようとするのに、急ブレーキかけられるようなゲーム感が大変スリリングです。キングダムもきっちりそのスリルが入ってました。

このゲームは「市場のお店」という作品のリメイクだそうで、がらっとテーマ的に変更されました。ドラゴンが飛び交い、魔法使いが力を振るう、そんなベタなファンタジー仕様のテーマですが結構あっていると思います。

ゲームは簡単に言うと、毎手番に升目に絵のかかえれたタイルを置くか城を置くか選んで、縦と横の並びで税収(得点)が入ります。この税収を獲得するのが目標。置ける城は4段階あって、1の城なら税収がタイル列合計の1倍2の城ならタイル列合計の2倍の税収という風にになります、ポイントはマイナスのタイルでもプラスのタイルでも倍がけになるという所。4の城を早々と置こうものなら周りからマイナスを置かれまくりでえらいことになります。城をたくさん置きたいのに下手に置くとマイナスにされるので、なかなか置けないじりじり感がたまらない感じです。価格も高くないし、さっさと買えばよかった面白さです。まぁ負けましたけど。

ちなみに、市場のお店はこんなんらしい。
pic3491_md.jpg
board game geekより拝借

酔いどれ猫のブルース



CIMG8234.jpg



酔いどれ猫のブルース酔いどれ猫のブルース
()
Katzenjammer Blues

商品詳細を見る


子どもアトリエでIkuchanとNonが来るまでに場つなぎ的にプレイ。これもクニッツィア先生のもの、既に5回目ぐらいだったのに何故かルールを覚えていないゲーム。ついでに言うと勝ち方もよくわからないままです。確か最後に一番使っている人がマイナスをくらうジョーカーを皆後で出すだろうと、最初に1枚だしたら、全く出さないまま終わるひとり相撲で完敗。なんていうんですかね最近勝ちに執着がありません。たぶん今はジブリのせいです。


ランカスター
CIMG8237.jpg


ランカスターランカスター
()
不明

商品詳細を見る



本日のメインイベントのランカスター。ずっと欲しくて狙ってたものの、高かったので買わずにいたところ、最近amazonde半額ぐらい下がったのでポチりました。もう一人のクラマーたるマティアス・クラマーの作品。あの字がちっこいグレンモアを作った人です。

このゲームの見所はところてん方式の競りゲームと投票システム、置きゲーをうまくミックスした所にありますが、なんといってもコンポーネントが至れりつくせりの豪華ゲームです。お金置き場が別ボードとか、ありそうで、なかなかない凝りよう。箱あけたら皆さんに「お疲れさん」といきなり言われるぐらいのシール張り作業必須とかがあります。大量の梱包物のせいでゲームの準備にくじけそうになりますが、キリンジ聞いて乗り切ります。こういうのが楽しいと言える時代は終わってしまいました。これもジブリのせいだ。

プレイしてみると意外にも軽いゲーム感。5ラウンド指定ってのもいいし、何やっても得点がはいるというのもまぁOK、他のプレイヤーの邪魔もできるのもなかなかいいです。全員初めてで慣れていないので投票がほとんど否決になってたのはアレですが、またプレイしたいと思わせました。そういいながらもぶっちぎりでベベだったのは・・・、もう言わなくていいですね。ジブリ。

ダンジョンファイター
CIMG8238.jpg


ダンジョンファイターダンジョンファイター
()
不明

商品詳細を見る



あーもう。好きだバカ!と某映画の台詞のごとく、最近偏愛しているダンジョンファイター。クリア不可能と言われるダンジョンに協力?プレイで深く潜るゲーム。その面白さは禁断のサイコロ投擲(とうてき)の自主練習をしたくなるぐらい今ブーム中のゲーム。ちなみにこれ去年のゲームです。ちょっとボドゲ最前線から遅れて流行るのは今にはじまったことではありません。ハリーポッターそろそろ個人的に流行りそうです。

で、僕のキャラは酔っぱらいのドワーフみたいなやつ。前やったときはあまりに的にサイコロをのせられず最下位チームのさらに下位打線なみの打率でしたが、今回は完全にクリーンアップ。僕までまわせば、きっちりホーム踏ませてやるぜ!という感じに成功率100%近くまでダイススローがうまくなってました。それでも負けて全滅するのがこのゲームのオモロい所。ボスに勝つには、おそらく全員がほぼ失敗しないというレベルにまで到達する必要がありそう。それまで投げすぎてサイコロが砕けないといいのだけれど。あ、これ次回もまた挑みますので各自イメトレしとくように。自主練でサイコロ1個か2個、破壊してきてください。

というわけで今回は4ゲーム遊びました。夏は暑いので簡単なゲームがいいですね。
次回のクローズド会は7月14日、オープン会は8月3日です。オープン会はもっか参加者募集中です。

恒例のご飯写真 韓国風海苔巻
CIMG8232.jpg


第3回 YBCオープンボードーゲーム会開催日時のお知らせ

第3回YBCオープンボードゲーム会の日時が決まりましたので、懲りずに告知します。

gte3zeri.gif



場所は、前回と同じくヤマザキの名の通り「山崎」の地です。
日時は8月3日(土)です。場所も同じく島本町第2コミュニティーセンターです。

日時:8月3日(土)13:00~20:30(21時完全撤収)
場所:島本町第2コミュニティーセンター(小さな公民館です)2階 和室。
   ※都合により14時ぐらいまで隣の会議室→それから和室になるかも。
会費:200円
   ※お茶程度は用意しますが、何か食べたい人は各自で持参ください。
   ※アルコールを飲む人は、別途買い出しに行きます。
定員:25名まで(※場所の限界人数です。たぶんこんなに来ないと思いますが念のため制限します)

※室内は飲食自由です。
※建物は完全禁煙です。(タバコを吸う場合は敷地外で)
※専用駐車場はありませんので、公共の乗り物でお越し下さい。
※主催者が基本1名なので、小さなお子様の対応はできません。
※近くにスーパーフレスコ・ファミリーマートがあります。
※さらにかぎ卯というおいしいうどん屋さんがあります(オススメ)

場所について

島本町第2コミュニティーセンターは、ユニライフ山崎というマンションのすぐ隣にあります。
行き方はJR山崎駅から徒歩10分程度、阪急大山崎駅から徒歩13分程度です。

075-962-2087
大阪府三島郡島本町山崎三丁目2番5号


大きな地図で見る

続いていつもの趣旨宣言です。

ヤマザキボードゲームクラブは、クラブと言いながらも、基本的に「のんびり遊ぶ」というスタンスのボドゲ会です。さらに、主催のkazunkirはものすごいゲーマーではありません(かつややルーズ)ので、ボドゲは楽しく冗談言いながら遊ぶことを前提にしています。そういうわけで初心者はもちろんウエルカムです。

会場は車が使えず、若干不便ですが、参加してもいいよと思う方はこの投稿にコメントくださるか、facebookに書き込んでいただくか、yamazakilove@hotmail.co.jpまでメールをください。

よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。